みんなの建築相談建築の専門家が無料でお答えします

住まいに関するちょっとした質問から、新築やリフォームなどの専門的な質問まで
feve casa登録専門家がお答えいたします。

構造

Q:基礎の見えない家について

ののさん
基礎の見えない家が素敵だと思い、建築士に相談したところ、方法までは詳しく聞かなかったのですが、基礎を見せない工法にしていると言っていました。
うちの母親は昔の人なので、そんなのはデザイン重視で全く機能的でない。絶対にやめなさい、といいます。基礎を見せない建築は問題ありますか?
2016年09月15日投稿
  • 6,526

73人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.001
kameplan architects

防蟻、防湿的には問題があります

kameplan architects
はじめまして、kaneplan architects のおおいでと申します。

まずは木造であることを前提にいたしますが、
基礎の立ち上がりは、基礎の上に乗っている土台を、
物理的にはシロアリから遠ざける役割を持ちます。
土台はその上の柱を受けるための、重要な構造体です。
その土台が地面に近ければ近いほど、シロアリの蟻害に遭いにくくなります。

現在の標準的な高さは40センチですが、
それでも温暖地では蟻害を防ぐことは難しく、
シロアリの専門家の間では、
60センチ以上が理想と言われています。

一般的に行われる、土台や基礎への薬剤散布は、
耐久性に問題があり、有効性はおおよそ5年程度とみていた方がいいでしょう。
そういう面で言うと、お母様の仰る事は、
先人の知恵そのものとも言えます。

また、基礎の立ち上がり高さは、
そのまま床下高さに繋がるため、
給排水や電気配線のスペースとして利用します。
給排水や電気配線を基礎下に打ち込んでしまう設計もないわけではありませんが、
メンテナンスや更新が非常に難しくなるため、
いざ更新の際に、大きな出費が予想されます。

床下空間が35センチ以上あれば、
小柄な職人さんは進入することが出来ますので、
点検やメンテナンスを行うには、その程度の空間は欲しいですね。

基礎高さを高く取り、外壁を上からかぶせる方法もありますが、
その外壁が被っている部分からのシロアリの進入もありますので、
あまりオススメ出来る手法ではないですね。

最後に、最近頻繁しているゲリラ豪雨による床下浸水を防ぐのは、
やはり基礎立ち上がりでしかないので、
総合的に考えても、40センチ程度の基礎高さはあった方がいいと思いますよ。

その辺りのリスクをどう考えているのか、設計者さんにお聞きになり、
有効な対策が取れていて、ご納得いけば、採用されてもいいかもしれませんね。

当事務所では、基礎高さは最低40センチ、
出来れば60センチを標準とし、
土台は化学処理したものではなく、
ヒバやヒノキなどの、シロアリ忌避性がある材料を採用しています。
注入土台や土壌消毒は、住まい手さんの健康安全性を考えた場合、
リスク高すぎるため、採用していません。
(安全性が高いと言われる材料も多いですが、
施工時に防毒マスクを必要とする薬剤である事は変わりません)

見た目の好みもあるとは思いますが、
住まいは長い目で見ることと、
健康安全性が最重要であるとも考えます。

Kameplan architects おおいでたつひろ
2016年09月16日時点の回答です

ありがとうございます。すごく参考になりました。この内容を建築士に相談してみたいと思います。ちなみに、基礎を植栽で隠すのは問題ないでしょうか?ちょうど基礎高くらいのグリーンをぐるっと植えて基礎隠ししたいなーっと思うのですが。

2016年09月16日 ののより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

75人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.002
遠藤春彦

?。

遠藤春彦
木造で布基礎ではなくベースコンクリートとし 土台を留める工法など別に珍しいことではありません。但し壁回りに土間コンクリートを打ち土台の木からある程度空き間が必要です。布コン工法でも植栽や土盛をして基礎隠しできましょう。遠藤春彦
2016年09月16日時点の回答です

ありがとうございました

2016年09月19日 ののより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

73人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.003
kameplan architects

それはいいですね。

kameplan architects
ののさん

仰るように、基礎に植栽を絡ませるのはいいアイデアですね。
年に1度程度は、家の周りをぐるっと回って、
基礎立ち上がりの点検をしてあげてください。

シロアリは地中だけでなく、蟻道というトンネルを作って、
基礎立ち上がりを登っていくコトもあります。
蟻道を手で崩すだけで、もうそこからは上がってこなくなるので、
有効な対策になります。

いい家づくりになることをお祈りして。

kameplan おおいで
2016年09月16日時点の回答です

ありがとうございます。シロアリのことまで考えていなかったので参考になりました。

2016年09月19日 ののより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

“専門家”になんでも気軽にきいちゃおう!

人気の住宅デザイン

柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
1 59 27
平屋のように見える2階建て
2 43 2
シンプルモダンSE木造ガレージハウス
3 38 35
すべて見る

建築家の方へ