みんなの建築相談建築の専門家が無料でお答えします

住まいに関するちょっとした質問から、新築やリフォームなどの専門的な質問まで
feve casa登録専門家がお答えいたします。

新築

Q:新築を建てる予定なのですが、

michgayaさん
今 いろんな会社に見積もりをお願いしている最中なのですが、何故か売地が周辺に幾つかあるのに私達の土地だけ格安なのです。何が理由なのか、わかりますでしょうか?あと、壁から3m以上空けて下さいと言われ 長方形な土地になってしまい建売では不可能になってしまいました。もし 何か分かれば回答お願いしますm(__)m
只今 娘が一歳になり、ディズニーデビューをしたいなぁと考えているので 是非 ディズニーチケットが当たりますよーに...☆
2014年07月22日投稿
  • 9,131

179人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.001
浦田義久 篠崎素子

追加情報が必要です

浦田義久 篠崎素子
申し訳ありませんが、このご質問の文章だけでは判断のしようがありません。
土地の価格を決めるのは、土地の形状、その土地に掛かっているいろいろな建築規制、周辺の状況など非常に多くの要素があります。一つ引っ掛かるのは「壁から3m以上空けて下さいと言われ 長方形な土地になってしまい建売では不可能になってしまいました。」というくだりですが、何を壁から3m空ける必要があるのか、建て売りが不可能とはどういう事なのか、判断がつきかねます。
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

179人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.002
一級建築士事務所アトリエm

敷地の高低差は?

一級建築士事務所アトリエm
これまでに色々な敷地で設計をしてきましたが、先に土地を買われていて、結局建てられなかったケースは、敷地に高低差がある場合です。特に擁壁のある土地は、その擁壁が安全と証明できるかがポイントになります。このあたりは、不動産業者の方だけでは分からないケースもあるので、よく注意したほうが良いと思います。
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

168人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.003
青沼建築工房(有) 一級建築士事務所

非常に情報が少ないですので・・・

青沼建築工房(有) 一級建築士事務所
想像の範疇ですが、
壁と言うのは
反対側の土地が3mぐらい高い擁壁のことでしょうか?

だとすると、
擁壁の安全性が確保されてないことが考えられます。

もう一つ
「建売では不可能」というのは
建物が細長くなって間取りが難しいのでしょうか?

いずれにしても
もう少し詳細の情報をいただけたら
別のアドバイスができるかもしれませんので
ご希望でしたらご連絡いただいても良いと思います。



* 青沼建築工房(有)一級建築士事務所 ********
青沼 理 (Osamu Aonuma)
TEL:042-401-5775/FAX:042-401-5774
E-mail : info2@a-atelier.net
*******************************************
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

188人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.004
山本富士雄

新築見積もり

山本富士雄
土地の価格は、様々な制限がその土地にかかっていると安くなります。壁から3M話せというのは擁壁か壁面船組制限だと思いますが、計画道路とか種々の建築制限がありこれらを専門家として全部調べないとお答えできないのです。敷地の地番・譲許表示がわかれば調査してお答えできます。私は不動産鑑定の知識を持っておりますので。

株式会社山本富士雄設計事務所 山本富士雄
E-mail
info@f-yamafuji.com

TEL0422-21-3950 
FAX0422-22-8813
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

177人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.005
小出謙

がけ地があるのかな

小出謙
敷地の一部や隣地にがけ地があると、高さの2倍以内に建物を建ててはいけないとかの条例もあります。
あるいは隣地側に擁壁があり、構造計算やその他安全を証明するのが確認されていないのかも知れません。

はっきりはわかりませんが、建築士にしっかりと相談されたほうがいいと思います。
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

180人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.006
安井健人

やはり「がけ」の影響でしょうか。

安井健人
地域によって異なりますが、計画地が「がけ下」となった場合その高低差が2m以上の場合、「がけ条例」が適用されるケースがあります。その際、「既存よう壁」の安全性が確認されないと、高い方から30度又は45度の範囲に規制がかかってきます。ご注意下さい。
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

172人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.007
遠藤浩

「がけ」かもしれませんね。

遠藤浩
高さ2m以上の「がけ」から、その高さの2倍の部分には家を建てられないという条例は、どこの県でも大体あるようですが、それには当てはまらないのでしょうか。3m空けなさいということですから、少し違いますが・・・
見積を取っておられるわけですから、見積をされている方にお聞きすると、解るかもしれませんね。
2014年07月22日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

175人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.008
馬場邦男

先ず、土地を見て、敷地図を入手

馬場邦男
土地は実際に見られましたでしょうか?土地の価格は周辺の路線価、売買実績などで、㎡当たりの単価が設定されます。あと個々の土地の形状や状況により、実際に建築可能な部分がどのくらいかにより上下します格安なのは、3m空ける必要がある土地だからでしょうから、その理由は重要事項説明書などで確認されたほうが宜しいと思います。もし実際に見ておられないのであれば、先ずは見に行って下さい。
2014年08月18日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

“専門家”になんでも気軽にきいちゃおう!

人気の住宅デザイン

愛犬と、空と海とを楽しむ暮らし
1 116 1
風と光にみたされた心地のいい店舗併用狭小住宅
2 98 0
柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
3 63 30
すべて見る

建築家の方へ