みんなの建築相談建築の専門家が無料でお答えします

住まいに関するちょっとした質問から、新築やリフォームなどの専門的な質問まで
feve casa登録専門家がお答えいたします。

土地探し

Q:傾斜地の盛土

マイケルさん
長文失礼します。
北側斜面となる傾斜地の土地を契約しました。現在設計士と設計中です。もともとあった4m道路に6m道路を作って開発中の宅地があり、私が購入したのは4m道路沿いの6m道路をはさんで南側(山側)の開発逃れの土地です。4m道路は南と北(正確には南南東から北北西)を結ぶ坂道です。6m道路は4m道路から東に向かってほぼ直角に走っています。10区画が建設会社のもと造成中で、私の土地は同一の開発行為とみなされないために10区画の造成が完了するまで手をつけてはいけない、6m道路は使用できないという契約になっていました。
ここからが本題です。
4m道路との間口は10m程度で高低差が1m程度あるため、坂の高い方にレベルをあわせて1m盛土をすることにしました。隣地にくらべて地盤のレベルが1m高くなるため不動産屋(仲介)にあらかじめ隣地の買主に伝えてもらうようにお願いしたところ、建設会社と不動産屋から切土をして6m道路および隣地の地盤レベルをあわせるようにクレームがきました。隣地の日照権、圧迫感を配慮してのことだと思います。6m道路の使用ができないため、6m道路にレベルをあわせるメリットはなく、車の出し入れも不便になります。6m道路の南側の宅地のさらに南(山側)は生産緑地となっており、私が1m盛土をしても十分日照権は確保されると思います。木造2階建予定で隣地からも2mセットバックするため圧迫感もそれほどないことを説明しました。
設計士は1mの盛土は妥当であり、事前に説明しておけば問題ないとの考えです。私も可能なら当初のプランでいきたいのですが、専門家の方から盛土の妥当性についてご意見をいただいて参考にしたいと思います。また今後どのように対応していけばよいのかアドバイスをいただけましたら幸いです。
2016年04月11日投稿
  • 2,537

57人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.001
田代智子

高さ制限と地盤の安全性

田代智子
マイケル様

文章を読んでの範囲ですが、

1)高さ制限の確認

建築基準法の高さ制限(各種斜線、絶対高さ、高度地区、日影規制等)について、検査機関との事前の打ち合わせ内容を確認しておいたほうがよいのではないかと思われます。規制の基準となる地盤面が盛土前後で変わってくるので、どのように扱うか。
事前の説明とは近隣に対してと思いますが、こちらもどのように行うかは事前に聞いておいたほうがよいかと思います。


2)盛土地盤の安全性


参考文献として日本建築学会「小規模建築物基礎設計指針」に「盛土地盤の安定性」という項目があります。
その中にあるように、盛土する前の底面の処理・盛度材料(土等)の確認・締固め方法・締め固め後の地盤調査、といったことについて報告書等により一つ一つ確認しておくのがよいかと思います。
建築する際の地盤保証は必ず受けてください。(参考URL1)

合わせて、擁壁は必ず構造計算により設計を行い、工事監理まで設計士に委任するのがよいかと思います。
2016年04月12日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

58人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.002
森健一郎

傾斜地の盛り土について

森健一郎
初めまして 
【快適健康環境+Design】森建築設計と申します。

1mの盛り土は結構大がかりな工事ですね。1mを超える盛土は開発行為にあたるので別途開発許可申請がが必要ですが、1m以下ならば不動産屋や隣地持ち主から止められる理由はないと思います。
ただ不動産関係でこじれると後あと厄介なので、設計士に間に入ってもらって事前に承諾をもらっておいたほうがいいですよ。
また1mの擁壁は構造的にはそれほど問題はありませんが工事費はそれなりに必要です。なんせ土をいじる工事は最も工事費が高い工種の一つですから。本当に盛土する必要があるのかどうか、慎重に事を進められたほうがいいと思います。

【快適健康環境+Design】森建築設計
□横浜馬車道アトリエ
横浜市中区本町6-50-1
YCCヨコハマ創造都市センター内106
□川崎等々力アトリエ
川崎市中原区等々力17-5
電話:090-9134-2670
メール:info@mori-ken.com
ホームページ
http://moriken.p1.bindsite.jp/
ブログ
http://moriken1ro.exblog.jp/
2016年04月14日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

“専門家”になんでも気軽にきいちゃおう!

人気の住宅デザイン

柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
1 69 24
桜並木の家
2 60 2
新城市 平井の家
3 49 6
すべて見る

建築家の方へ