みんなの建築相談建築の専門家が無料でお答えします

住まいに関するちょっとした質問から、新築やリフォームなどの専門的な質問まで
feve casa登録専門家がお答えいたします。

住宅のトラブル

Q:防音について

たっくんさん
近所の工事がうるさく勉強に集中できません。効果的な防音性のある素材や、手軽にできる騒音対策などありましたら教えてください^ ^
2014年06月21日投稿
  • 6,984

408人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.001

後付サッシはいかがでしょう

音、熱は、窓周りからが、一番影響があります。
二重サッシにするのが効果的かと思います。

後付サッシは、リフォーム屋さんで扱っています。
カタログで防音仕様(ガラス厚)を選んでください。

壁からの音の侵入もありますので、完ぺきではありません。

厚手のカーテンでも多少の効果は、ありますが、部屋が暗くなってしまいます。
2014年06月21日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

405人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.002
馬場邦男

工事が問題であれば・・・

馬場邦男
工事がうるさいという事は、その工事以前は、そうでもなかったという事でしょうか?もしそうであれば、工事業者に、近隣からの苦情として申し出る事も可能かと思います。私どもの関与する工事でも、騒音の出る工事等については時間帯を限定するという事も、実際に行っています。
2014年06月21日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

328人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.003

回答。防音に付いて  山本富士雄

窓扉を防音にします。扉を遮音性のある厚い扉に変えます。窓は2重ガラスに変えるか内側に木製窓を二重に付けるかします。

2重につけるのが嫌な場合はペアガラスい変えること、そのうえ厚手のカーテンをつけると抜群に防音効果が良くなります。

室内の防音については
人の声は1000~5000Hzと周波数域が広いです。低い周波数(低い音)ほど防音が難しく、高い周波数の音(高い音)はカンタンにカットできます。
完全防音は2重に浮き構造で室内を作らねばならず費用が相当掛かります。

自分ひとりで手軽にやりたいなら、防音布を買って部屋の壁に貼ったり、吸音材を貼り付けるとかになりますが・・

「吸音材」「防音布」「防音シート」「防音カーテン」でパソコンを検索すると色々あると思います。

業者に頼めば車が買えるくらいのお金が必要です。
材料を調べた上で設計者や工務店と相談しながらカンタンな工事をするか、自分で防音材を買って凌ぐのが手軽に済む方法です。

 6~10畳の壁天井なら10万程度で可能です、壁の薄さ次第でもう少しかかると思いますが。 軽い材質の防音布では防音効果は期待はできません。
2014年06月21日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

404人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.004
加塩 博之

防音(遮音)と遮熱との相違

加塩 博之
建築的な処置について、工事に対しては遮音・防振が必要です。

遮熱への対応と勘違いされ易いのですが、遮音への対策は比重の重い物で発生源か、聴き取り側を包囲することにあります。
なので、ペアガラス・吸音材はあまり効果有りません。
木造・鉄骨造だと鉛入りのボード等を下地材に使用することがお薦めです。
鉄筋コンクリート造は同様の効果が得られます。
ただ、開口部から音が入ってきますので、開口部を最小限にして2重サッシ、3重サッシとすればよいでしょう。
また、防振は、そもそも構造解析では木造・鉄骨造は揺れることで力を吸収するものですから、個人的には住宅レベルだと免振構造はナンセンスだと思っています。木造・鉄骨造だと制振構造、鉄筋コンクリート造(特に壁式構造)なら、免振構造をお薦めします。

全て、莫大なコストがかかります。
建築的処置は諦めて、図書館利用やホテル・郊外での合宿がコスト的には最善の方法だと真剣に思います。頑張って下さいませ。
2014年06月23日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

“専門家”になんでも気軽にきいちゃおう!

人気の住宅デザイン

優雅な中庭のある和モダンの家
1 161 9
ナチュラルモダンリビング
2 160 1
オープンコートのあるガレージハウス
3 154 4
すべて見る

建築家の方へ