みんなの建築相談建築の専門家が無料でお答えします

住まいに関するちょっとした質問から、新築やリフォームなどの専門的な質問まで
feve casa登録専門家がお答えいたします。

リフォーム・増改築

Q:リフォームについて。

KOKOROさん

骨組みだけ残してリフォームとか、ボロボロの骨組みを修復してリフォームするとか、テレビ番組でよく見掛けます。素人目には「建て直した方がいいのでは?」と思ったりしますが、それでもリフォームにするのは何故なんでしょう?
2014年06月04日投稿
  • 6,180

326人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.001
青海二三男

リフォームコスト

青海二三男
少なくとも基礎と骨組みを新たに造る必要が無いですから、コストを押えられると言う事でしょう。
2014年06月04日時点の回答です

それでもリフォームの方がコストが抑えられるのですね。勉強になりました。ありがとうございます。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

343人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.002
亀山 靖生

そこに住み続ける意味

亀山 靖生
確かに骨組みを残してのリフォームは費用も新築に近いまたはそれ以上かかります。
ですので、質問者様のように立て直した方が、と思われる事もあるかと思います。実際僕らもそう思うことも多々あります。

しかし、そこに建っていた建物には時間が作りだした良さがあります。
最近ではエイジング加工により古びた質感に作り上げる事も出来ますが、やはり時間が創りだした物にはかないません。

またその方たちの歴史や思い出もあったりします。

そういう事がリフォームまたはリノベーションで大切にしていきたい部分です。

某テレビ番組の場合はリフォームが前提になっているものと思われます。
2014年06月04日時点の回答です

正しく某テレビ番組を見ていて思った次第です。歴史や思い出…、その通りですね。家は家族の歩みそのものだと思います。ありがとうございました。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

301人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.003
遠藤浩

リフォームの番組

遠藤浩
KOKOROさん、こんにちは。

仰る通り、建て替えたほうがいい物件もありますね。
「リフォームでどれだけイメージチェンジできるか」というところを狙っている番組なので、あくまでリフォームに拘っているのだと思います。
私も、番組の物件やったことありますけれど・・・

遠藤浩建築設計事務所
2014年06月04日時点の回答です

え、やったことがあるのですか!欠かさずに見ている番組ですので、その物件も見ているはずです。ビックリです、ありがとうございました。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

324人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.004
井東力

リフォームの理由

井東力
KOKORO様
アトリエ スピノザ 井東と申します。

安いか高いかは、何を価値観とするか、によるところが大きいですが、金額の絶対値は、やはり新築より安いです。(破格の安さではないですが)

そこでお客様がリフォームを選択される理由を列挙します。

1 工事費が安い。
2 工期が短い。
3 既存建物への愛着
4 建築基準法の改定により、既存建物を解体し、あらたに確認申請を行なって新築す  る場合、既存より延べ面積が小さくなってしまう。
5 接道(道路に接する部分の長さ)条件等、建築基準法を満たさず、道路等の変更   (これは時間が相当掛かります)が新築に必要ロなる。

最近竣工しました「戸手本町の家」は
上記1,2,3が該当します。

↓ 戸手本町の家
http://www.houseco.jp/work/detail/17342/194437
http://allabout.co.jp/gm/gc/441595/5/#1

詳細はお会いしてお話させて頂ければと思います。

↓ HPです。
http://www.atelier-spinoza.com/index.html 


宜しくお願いします。
アトリエ スピノザ 井東
2014年06月04日時点の回答です

工事費だけでなく工期も違いますね、気付きませんでした。それから「戸手本町の家」を拝見させていただきました。外観は庭方向から見ると新築のように見えました。ロフトや吹き抜けの効果により、リフォームでも広く生まれ変わるんですね。ありがとうございました。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

306人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.005

事情

各家庭によって事情があります。又、法的な制限で再建築不可の場合があります。
2014年06月04日時点の回答です

再建築できない場合もあるからなんですね!ありがとうございました。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

301人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.006
株式会社K's建築事務所

リフォームについて

株式会社K's建築事務所
コスト面での比較になるかと思います。

物件ごとに同じ状態のものはありませんので一概に言うのは難しいですが、
新築で60万/坪程度の仕上材等の仕様で比較した場合を考えますと
骨組み(木造を想定してお答えしますね)の状態にもよりますが部分的な軽微な修復で済む場合、10万~20万/坪程度安くできる場合が多いかなという印象です。
多少状態が悪くても建て直したほうが安くなる、ということはほとんどありません。

ただし、既存の基礎と骨組みを使うことになりますのでプラン的に制約がでてきます。
欲しいと思われる空間が既存の骨組みで作るのが難しいと判断される場合は建て直したほうがいいということになるでしょうね。
2014年06月04日時点の回答です

たとえ骨組みの修復があっても軽微ならリフォームの方が安くできる場合が多いのですね。10万~20万/坪程度安くなるなら、だいぶ違ってきますね。ありがとうございました。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

288人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.007
志田建築設計事務所

家の大きさが変わります。そして・・・

志田建築設計事務所
リフォームならば、基本は建築確認申請をしないでも工事ができますので、現在の建築法規に適合していなくても、元の家の大きさを変えずに済みます。
しかし、建替えとなると、現在の建築法規を元に作りますから、家の大きさが小さくなったり、それまでの家と同じ状態にはならない事になります。
なので、「ボロボロでもリフォーム」という事を考えるのだと思います。

そこまで「不安な要素」残してリフォームする事に、個人的には賛同できません。

TV番組の事例は 本来なら「建築確認を出すべき」ものがほとんどです。私達は、建築確認を出して工事をしているかどうかがわかりません。黒に近いグレーとでも言うのか・・・どうかはわかりません。
2014年06月04日時点の回答です

元どおりの大きさに建てられないから、リフォームを選ぶ場合もあるんですね。ありがとうございました!

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

309人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.008
金 富雄・李 勝代

マンションと戸建てリフォーム違い

金 富雄・李 勝代
ご質問の内容とずれてしまいますが。。。。

最近では中古マンションの販売促進もあり、築年数や建物の状態が良い場合は中古マンションの購入も良い選択肢かと思われます。
その時気になる事は内装です。せっかく新しい生活をスタートしようと思っても内装がそのままでは残念な事です。なので、中古マンションの購入時点からリフォームの資金も考えながら進めて行く事が大切です。

戸建ての場合は、想い出を残す、基準法適合しない、立て替えまでの資金の用意が難しいなどなど、外的内的要素でリフォームやリノベーションを選ばれる方も多いと思います。

コスト面もリフォームだから,決して安い訳ではありません。
逆に、工事に入らないとわからない追加の費用が掛かる場合もあります。

中古マンション、戸建てについても、抱える問題点をどう解消して行くのか、金額面も加味し、建築家と相談しながら進めて行く事がよいかと思われます。

リフォームでも新築と同じくらい、ご家族のライフスタイルに合わせた空間が手に入れる事ができます。
2014年06月04日時点の回答です

「リフォームでも新築と同じくらい…」心強いお言葉ありがとうございます。こちらのHPでもリフォーム・リノベーションの事例をたくさん拝見させていただきました。やはり相性の合う建築家さんを見つけることが大事だなと思った次第です。

2014年06月04日 KOKOROより

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

294人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.009
神谷義彦

思い入れ

神谷義彦
思い入れがない建物でしたら、大金をかけてリフォームをする必要はないと思います。リフォームで大概のことはできますが、新築と同じことができるかといわれれば「NO」です。ただ、思い入れに関してはとても大切な要素かと思いますので、思い入れがあるのでしたら改修という選択肢も最大限検討すべきかと思います。
ただし安易に工事に入るのは大変危険です。
まずは慎重に調査をすることをお勧めします。
2014年06月04日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

301人の方が「この回答が参考になった」と投票しています。

feve casa登録専門家による回答 No.010
東 正二

そこに住み続けようとする理由

東 正二
新築の場合と違ってリフォームは「そこに住み続けようとする理由」
がなんなのかが大事なように思います。
コストなのか、機能性なのか、それとも幼い頃からの愛着なのかです。
どれをとってもそれなりの理由として成り立つと思います。

私どもが手掛けたリフォームの住宅の場合はそのどれもが愛着でした。
その理由がはっきり意思表示されれば、よいものができるのではと思います。
私どもは新築が多く、リフォームはさほど多くはないのですが、ホームページを見て参考にしていただければと思います。

SADO HP http://www.sado-azuma.com
2014年06月04日時点の回答です

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ

“専門家”になんでも気軽にきいちゃおう!

人気の住宅デザイン

柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
1 42 35
平屋のように見える2階建て
2 28 7
新城市 平井の家
3 28 9
すべて見る

建築家の方へ