石部東の家

詳細を見る

石部東の家

石部東の家

詳細を見る

石部東の家

住宅

石部東の家

石部東の家

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

石部東の家  -庭廊をもつ家-

新しく分譲地として開発された土地の購入を決められたご夫婦。
目の前には、田畑が広がり、その奥を電車が通過します。
そんなのどかな風景が広がる敷地ではありますが、新しく分譲された土地の区画は、間口約7m・奥行約23mという細長い敷地でした。

間口が狭い土地には、将来周囲に建つ住宅は間口を広く確保することが考えられるため、敷地いっぱいに建物が建ち、密集した住宅が建ち並ぶ事が予想されました。
せっかくのどかな風景が広がる敷地なのに住宅が密集し、外に開きにくいのは“もったいない“と感じ、少しでも外に開く空間を作ることができないかと考えました。

そこで、外を感じる工夫として庭廊を設けることをコンセプトにしました。

細長い住宅なので長屋の様に通り土間のような用途を共用部に落とし込み、空間を大きく玄関から庭へと続く庭廊(共用部分)とLDK (プライベート部分)に分け、庭廊から各空間へアクセスするような配置にしました。この庭廊の上部に開口をもうけることで日常生活の目線から窓をはずし、プライバシーが確保でき上部から光を落とし込み外のような空間を作り出してくれます。

玄関と同じタイルを庭廊にも用いることで“廊下”という室内空間が、外部空間の延長に変化し、外のような空間が住宅の奥の空間まで続いていきます。
庭廊を見上げると梁が並び、その梁は時間の流れに沿ってLDKに影を落とし様々な表情を見せてくれます。
リビングから見る廊下は柔らかな光を落とし込み、時間によってゆるやかに変化する空間は、非日常を感じさせる空間であり、ここに住むご家族の暮らしを豊かにする場所になっています。

住宅詳細

現場所在地 湖南市石部東
構造 木造在来工法
階数 2階
家族構成 3名
敷地面積 164.60
延床面積 122.90

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

石部東の家

暮らし方

建築家

水本純央/ALTS DESIGN OFFICE(アルツデザインオフィス)

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    54 35
  • 等々力 F邸
    18 10
  • タイルとモルタルでレトロ調に仕上げた洗面所
    18 3

一般住宅でいう小上がりとは、リビングなどの床より一段高い場所に設置した和室のことをいいます。 一部屋まるまる用意が必要な和室だと費用や面積の都合などから難しくても、小上がりの和室ならどうにかなるとい...

12050小上がり・段差・和室・楽しむ

見た目って、大事です。人間でいえば、少なからず内面の性格、生活習慣は外見にも出ます。それって実は、家にも同じことがいえるのです。 家の機能や家の中の雰囲気は、家の外観、もっと具体的にいえば「玄関ドア...

10790玄関・ダウンライト・癒し・間接照明・引き戸・扉