加良部の家

詳細を見る

加良部の家

リビングと中庭

詳細を見る

リビングと中庭

住宅

加良部の家

加良部の家

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

中庭のある家お住まいです。

中庭は周囲を気にせず通風や採光を確保できるだけでなく、各部屋が柔らかく繋がりお互いの気配を感じながら暮らせることで、ご家族のつながりも育めます。

素材は調湿機能のある漆喰や檜・西ノ内和紙など日本伝統の本物の自然素材を使用しています。

軸組は渡り顎や追っかけ大栓継ぎなど伝統工法を活かした手刻みによる架構とし、金物に頼らなくとも地震の揺れに対してしなやかに耐えられるようにしています。

他にも、外壁の保護のため軒を深く取ること等の耐久性を高める工夫や、扉は全て引戸とし将来に備え1階で生活が完結するような間取りにしたり、高齢になっても使いやすい工夫をしています。

住宅詳細

現場所在地 成田市
構造 木造
階数 2階建て
敷地面積 270.90㎡
延床面積 130.84㎡

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

加良部の家

暮らし方

素材

建築家

高松俊秀/高松設計事務所

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    50 34
  • 平屋のように見える2階建て
    42 5
  • シンプルモダンSE木造ガレージハウス
    32 36

「男子厨房に入るべからず」 一昔前はそんなことが言われていました。女性が自ら言い始めたのか、当時の日本の状況で生まれた言葉なのか、はたまた男性が言い始めたのか。 今となっては、真相は藪の中。そして...

2060ダイニングテーブル・アイランドキッチン・収納、家具・動線・大開口

日本の家では、見渡すと大抵どこかに1つや2つ、木のディテールが見つかるでしょう。 日本の住宅は古くから現在まで木造を中心として成り立ってきました。 日本の建築史に木材は欠かせないものです。そして、木...

1680樹木・吹き抜け・梁・無垢材・色・ヒーリング効果