綱島FS邸<角地を生かしたコンパクトな家>

詳細を見る

綱島FS邸<角地を生かしたコンパクトな家>

ロフト

詳細を見る

ロフト

1、2階を結ぶ吹抜

詳細を見る

1、2階を結ぶ吹抜

2階のフリースペース

詳細を見る

2階のフリースペース

2階寝室

詳細を見る

2階寝室

浴室からテラスを見る

詳細を見る

浴室からテラスを見る

リビングからダイニングキッチンを見る

詳細を見る

リビングからダイニングキッチンを見る

リビングからテラスを見る

詳細を見る

リビングからテラスを見る

キッチンからリビングを見る

詳細を見る

キッチンからリビングを見る

住宅

綱島FS邸<角地を生かしたコンパクトな家>

綱島FS邸<角地を生かしたコンパクトな家>

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

 約80m2(24坪)の土地に、駐車スペースも確保しなければならない厳しい敷地条件の中、 南側の角地方向に開くことで光や風を取り入れ、ルーバーによってアイレベルの視線はブロック。角地に対して、“遮りつつ開く”表情を持った住宅です。
 
 テラスは、外部にあるもうひとつの居間。車は屋根無しで道路に対して平行駐車とし、小さいながらも囲われたテラスを取ることが出来ました。
 
 全体のフォルムは、斜線制限に沿って上がっていく片流れの屋根。最も高くなる部分はロフトとして有効活用。内部は構造あらわしとして、天井高を出来るだけ高く確保しつつ、床懐を最小限に抑え、厳しい斜線制限もクリアしています。無駄は徹底的に排除していますが、単にコンパクトに空間を詰め込むだけでは息苦しくなってしまうので、細長いスリット状の吹抜やナナメの天井により、空間的な“ゆとり”の部分も生み出しています。
 
 また、1階は収納やカウンターなどのしつらえを細かく考えた設計としていますが、2階は対照的にフリースペースとし、家族構成の変化に対応出来るプランとしています。

住宅詳細

現場所在地 横浜市
構造 木造
階数 2階建
工務店 栄港建設
家族構成 ご夫婦+お子様1人
敷地面積 約80m2 (24坪)
延床面積 約77m2(23坪)+ロフト約9m2(3坪)

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

綱島FS邸<角地を生かしたコンパクトな家>

暮らし方

建築家

植本俊介/株式会社 植本空間設計舎

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    29 37
  • 中庭のシンボルツリーを囲む平屋づくりの家
    22 10
  • R-OFFICE
    16 2

物を隠す収納ではなく、あえて「物を見せて」ディスプレイする収納方法はハードルが高いでしょうか。 見せる収納は機能性の他にインテリア性の高さから「魅せる収納」とも呼ばれ、センスのよい空間によくみられます...

110魅せる収納・収納テクニック・効率的・色・作用・効果・目隠し

温かいお湯に浸かると、何故かその日一日の疲れがお湯に溶けてなくなっていくような気がするのは、日本人特有のものなのでしょうか。 日本人にとって「湯船に浸かる」ことは癒しそのもの。 バスルームは、きっと家...

440ウッドデッキ・バスルーム・露天・半屋外・浴室・和モダン・シック・ダウンライト