聖蹟桜ヶ丘の重厚な総タイル張りの家

詳細を見る

聖蹟桜ヶ丘の重厚な総タイル張りの家

住宅

聖蹟桜ヶ丘の重厚な総タイル張りの家

聖蹟桜ヶ丘の重厚な総タイル張りの家

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

聖跡桜ヶ丘の小高い見晴らしがよい敷地である。南の庭を中心に外観の

デザインから設計に入った。

最終的に高級・そして重厚感のあるタイルによるデザインに決まった。

地下を設け、ご子息のオーディオルームとした。防音上は最適だが

湿気、カビに対しては配慮が必要であり24時間換気とし、防湿器を設

置した。 素堀り(ドライエリア)を十分な広さをとること(南側に奥

行き4m)で、地下を感じさせない広がりのある明るい空間とした。

また、地下外壁を外断熱を採用し、漆喰壁とすることで湿気に対して配

慮した。さらに機械換気による十分な換気をすることで湿気カビを防ぐ

配慮をした。

南側に位置するお庭も専門の造園家と組んで上品で癒される空間を作っ

た。

住宅詳細

現場所在地 多摩市
構造 鉄筋コンクリート・木造
階数 地下1回地上2階建
工務店 日本ハウジング株式会社
家族構成 夫婦子供一人
敷地面積 530㎡
延床面積 345.69㎡
建築費用 1億円
建築費坪単価 95万円/坪
設計料 1100万円

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

聖蹟桜ヶ丘の重厚な総タイル張りの家

建築家

山本富士雄/(株)山本富士雄設計事務所

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    50 34
  • 平屋のように見える2階建て
    42 5
  • シンプルモダンSE木造ガレージハウス
    32 36

「男子厨房に入るべからず」 一昔前はそんなことが言われていました。女性が自ら言い始めたのか、当時の日本の状況で生まれた言葉なのか、はたまた男性が言い始めたのか。 今となっては、真相は藪の中。そして...

2000ダイニングテーブル・アイランドキッチン・収納、家具・動線・大開口

日本の家では、見渡すと大抵どこかに1つや2つ、木のディテールが見つかるでしょう。 日本の住宅は古くから現在まで木造を中心として成り立ってきました。 日本の建築史に木材は欠かせないものです。そして、木...

1630樹木・吹き抜け・梁・無垢材・色・ヒーリング効果