増田 康一/(株)シュウエイ

耐震構法SE構法
耐震構法SE構法で施工しました。
オーダーキッチンとオリジナル箱階段
黒の木目調で落着きがあります。
デザイン性溢れる琉球畳
耐震構法SE構法
  • 6804
このエントリーをはてなブックマークに追加
心のかよう家づくりをモットーにやっております。高品質で独創性あふれる商品とサービスを追及し、お客様満足度で地域の建設事業で最上位であること、環境問題が懸念されている現代で、環境負担の低減という課題へも積極的に取り組み、永遠のテーマとし新たな価値を創造する会社を目指しております。
1.次の環境保全の重要項目に対し、環境目標を設定して取り組み、必要あれば見直しを行います。
 【1】エネルギーの推進により二酸化炭素の削減
 【2】環境に配慮した設計・施工の推進
 【3】施工現場周辺の清掃を積極的に行ない、地域の環境改善に貢献
2.環境関連の法令、条例の要求事項を遵守
3.この環境方針を社員、協力業者に周知し、活動を推進します。

耐震構法SE構法。
その名前の通り、地震大国日本の人々が安心・安全に暮らす為に強い味方になります。
SE構法が誕生してから約10年。
この構法が誕生した切っ掛けは20年前に起きた阪淡路大震災でした。震災による死者は5500人を超え、その死因の89%は家の下敷きになったための圧死でした。つまり在来工法のままでは強度がとれないのです。
東日本大震災において、SE構法で建てられた家は地震による倒壊はゼロ。
安心と安全が住宅建築の形になりました。強度の強い集成材の接合部に独自の金物を用いる構法は、在来工法の軸組み工法と比較して、断面欠損の少ない強固な接合部を生み出します。鉄筋コンクリートや鉄骨造の柱と梁で建築を支える構造を「ラーメン構造」と言いますが、SE構法は接合部を強化した構造により木造では出来なかった堅固なラーメン構造と成りました。骨組み全体で建物を支えるので、まさに家そのものが大黒柱であるといえます。柱や区画の少ない為に、光を取り入れる大きな開口部や窓、出入り口、そして広々とした吹き抜け、そして大空間が安全に実現できます。

この建築家・設計事務所の基本情報

所在地 神奈川県横浜市港北区綱島東5-10-43-105
ホームページ http://www.shuei2006.co.jp/service4.html

この建築家・設計事務所の作品一覧

増田 康一/(株)シュウエイへのお問合せ

045-549-5225お問合わせの際は「fevecasa」を見たと伝えて頂くとスムーズです。

お問い合せ 資料請求

増田 康一/(株)シュウエイ

増田 康一/(株)シュウエイ

この建築家・設計事務所へのお問合せ

045-549-5225

お問合わせの際は「fevecasa」を見たと伝えて頂くとスムーズです。

お問い合せ 資料請求