今よりほんの少し先の未来を考える。長く、快適に暮らせる自宅を目指そう。。

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
人は誰しも歳をとります。生きている間は元気に暮らしたいものですが、寄る年波には勝てないことも出てくるでしょう。

そんな時、若い頃よりは少し動かしづらくなった体をそっとカバーしてくれる自宅があれば。

また、いつかの自分のためのみならず、親世代にとっても暮らしやすい住居を考えることも大切です。

今回はバリアフリーを取り入れた住居のご紹介です。

玄関には手すりと腰掛けを

年齢を重ねると、玄関での靴の脱ぎ履きや昇降動作なども一苦労になるものです。

こちらのご自宅のように、収納を兼ねた腰掛けはとても重宝されることでしょう。

腰掛け位置に合わせた手摺りもありがたい。

ひとつひとつのアイテムに、バリアフリーの優しさを感じられる玄関です。

家でもできる日光浴

例えば将来、車椅子生活になった時。どうしても外出の機会は減ってしまうことでしょう。

しかし、バリアフリーで繋がるウッドデッキがあれば、家にいながら自然光を体いっぱいに感じることができますね。

いざ本当の外出となると身支度も必要ですが、家の中にあるウッドデッキなら、人目を気にせず部屋着のままでも問題ありません。

家にいながら日向ぼっこができる環境は、外出が難しい方にとって、とても貴重な環境です。

何歳になっても寛げられる空間を

畳の床と杉のフローリングの高さを揃え、バリアフリーに配慮した家族のリビング。

「でもこれだと、床に直接座るのは高齢の方は厳しいんじゃない?」と思われたそこのあなた。

そうなんです。年齢関係なく、足腰を傷めたことがある方はわかるはず。高低差のない床に長時間座るって、結構厳しいんですよね。

しかし、ここはさすがのバリアフリー!テーブル下の床板は取り外しが可能。その下は掘り炬燵になっているんです。

求めていたのは、日々の生活に寄り添うバリアフリーですね。

最高のリフレッシュ空間として

車椅子でも弊害なく使えるフラットな床に、浴室に入ると香り豊かなヒノキの壁。

併せて作られたバスコートは、浴室全体に開放感を与えています。湯船に浸かりながら外を眺めれば、そこはまるで露天風呂。

疲れを流す浴室は、リフレッシュ空間としても重宝される空間となっています。

引き戸の重要性

玄関の左側は引き戸、右側は介護側が立つドア、と使う立場によってデザインを変えた柔軟性のある玄関です。

趣きはどちらにもありつつ、それぞれの使いやすさを求め設計したこの空間は、きっと両者にとって限りなくストレスが軽減されているはず。

介護する側、される側。どちらも尊重したいという想いが感じられる設計です。
ある時は介護する側にもなることでしょう。そしてまたある時は、介護される側になることもあることでしょう。

体の不自由さは、心の不自由さにも繋がります。

介護する側、される側の両者が必要以上の負担をどちらも感じずに、笑顔で暮らせるマイホームとなりますように。

関連まめ知識

二世帯住宅のメリット・デメリット 2016年12月02日投稿 住宅設計 二世帯住宅のメリット・デメリット
免震と制震の違い 2017年08月28日投稿 住宅の構造・工法 免震と制震の違い

関連Q&A

2018年10月25日投稿 構造 長期優良住宅認定基準の耐震性 (回答数1)
2018年12月04日投稿 新築 玄関ドアについて (回答数1)
ライター/writer midori