心地良く、機嫌よく。お家時間を楽しむ工夫。

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年。本来であれば東京オリンピックが開催されるはずのこの年は、世界にとって、日本にとって、大変な難局を迎える年となりました。

外出自粛が叫ばれ、自宅にいる時間が増えた方がほとんどなのではないでしょうか。筆者ももちろんその一人。そこで最初に筆者が考えたことは、「いかに心地良く家で過ごすか」ということでした。具体的には模様替えをし、リネンを新調し、カーテンの色を変えました。

在宅時間が増えるということは、家と自分とが向き合う時間も増えるということ。ピンチはチャンス、とまでは言いません。しかし、在宅時間を心地良く、上機嫌で過ごすことはあなたや家族にとって、必ずプラスに働くはず。


自宅で過ごす時間が多いこの1年。家と向き合ういい機会ではあるのかも。さぁ、お家時間というかけがえのない時間を、おもいきり充実させましょう。

自宅を映画館に

映画館さながらのシアタールームを作って、優雅に映画鑑賞はいかがでしょう。
写真のようにプロジェクターを設置するもいいですし、最近では白壁をそのまま画面代わりで活用する自宅も増えています。
一気に映画を何本も観る事ができるのも、ホームシアターならではの醍醐味です。

バリ風デッキで癒される

南国のリゾートホテルを思い起こす癒しの空間。心地よい風に当たりながらバリ風のベッドに寝転べば、気分はすっかりくつろぎモード。
旅行に行けない時でも、自宅にこのような空間があれば、ここにいる間は日常から解き放たれるはず。

屋内でも外を感じられる大切さ

ダイニングと中庭の仕切りを透明ガラスにすることで、扉を開放せずとも外の景色を眺めることができます。
暖かい季節は、扉を開放してアウトドアリビングのように使うことも可能。
家の中と外が繋がることで、開放感と空間の広がりをもたらすだけでなく、心のリフレッシュ効果も期待できます。

寝室にとことんこだわる

たまには、寝室に一日おこもり。 なんて日もあっていいのではないでしょうか。そんな時に目指すのは「一日と言わず週三ほど…」と思わず願ってしまうような最高の寝室空間。
ご覧の寝室はそんなアイディアがたくさん詰まっています。横になりながら外の光と空気が味わえるベッドの配置、視覚や聴覚にリラックス効果をもたらす観葉植物、無駄のない動線上にある水場、同じ空間にありつつも段差をつけることで各スペースの確保etc…。
これらのなにか一つを取り入れるだけでも、寝室空間の快適性はグッと高まります。

食事をする場所を変えてみる

いつもと同じ献立でも、食事をする場所を変えるだけで非日常感を楽しむことができます。
例えばウッドデッキにテーブルセットを持ってくるもよし。例えば芝生にシートを敷いてピクニックのように食事をするもよし。
ほんの少しのアイディアが、家族を笑顔にしてくれます。
さぁ今日は、どこで食事をしましょうか。
当たり前の日常が、実はとても幸せな日々であったということに気づけた今。
「家にいなきゃいけない時間」と思うこの日々も、実は「家にいれるという幸せ」だったと気づく日がくるかもしれません。
できることなら、その日々がなくなってからではなく、今この瞬間を幸せに感じられる人間でありたいものですね。
家と自分。今だから見えてくるものがあるかもしれません。

関連まめ知識

カビを発生させない家具配置とは? 2016年12月07日投稿 インテリアコーディネイト カビを発生させない家具配置とは?
子どもがいても安心な間取りとは? 2017年01月10日投稿 住宅設計 子どもがいても安心な間取りとは?
家事動線以外に考えるべき動線は 2017年07月27日投稿 住宅設計 家事動線以外に考えるべき動線は

関連Q&A

2016年01月30日投稿 インテリア 室内に植物を多く飾るには (回答数4)
ライター/writer midori