色々使える間接照明~家に間接照明をとりいれよう~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
間接照明って、どうしてあんなに空間を一気にセンスアップしてくれるのでしょうか。

ほのかに灯る温かな光は、人の気持ちを安らかにしてくれる効果も期待できます。

とはいえ、どこに使えば? どのように使えば?とお悩みの方も少なくないはず。本日は、多様な場所に使える間接照明をご紹介です。

階段壁をアトリエ風に

階段の壁に間接照明を取り入れた一例です。

間接照明の廻りに、それぞれ額縁に入れられた写真を飾っています。写真が灯りに照らされて、一角がアトリエのようなアーティスティックな空間に。

写真の中身によって空間の雰囲気も変わるので、流用性のある楽しみ方ができますね。

鏡面棚に間接照明を

まるで高級ホテルのような品のある洗面所。そこへ更に上質感をアップさせる役割として、鏡面収納の上下に間接照明が取り入れられています。

雰囲気だけでなく、手元や棚内にある物を明るく照らしてくれたり、肌を明るくみせてくれるメイクアップ効果を期待できたりという役割も担っています。

外観にも間接照明を

物の価値を存分に引き出す力を持つ間接照明は、外観でもその力を発揮します。

「造形美」という言葉が非常にしっくりとくるお宅。外が暗くなると灯される間接照明は、外観の美しさをより一層引き立たせてくれています。

均等に並べられたアップライトで照らされたお宅は、存在そのものが芸術的。

照明&間接照明でタッグを組む

灯りの明るさをデザインすることで、その空間の雰囲気はだいぶ変わります。こちらの写真は、メインの照明と間接照明でタッグを組ませた一例。

明るさを控えめにし、二つの照明で一つの空間を照らしています。メインの照明を明るすぎたら、ここまでの落ち着いた雰囲気にはならなかったはず。

暖色系の灯りは、流れる時間もゆったりとさせる魔法をかけてくれます。

足もとを優しく照らす間接照明

間接照明って、本当にどこでも使えるんだと改めて思ったのがこちらの一枚。

廊下の電気を消しても、階段に施した間接照明が優しく足もとを照らしてくれます。小さなお子様やご高齢の方でも、安心して階段の昇降ができますね。

機能性はもちろんのこと、デザイン性もずば抜けたこのアイディア。階段デザインを考えた時は、是非思い出していただきたいアイディアです。
どこでも優しく照らしてくれて、更には空間の雰囲気も一気に上昇してしまう間接照明。

紹介したのは一部ですが、「間接照明はどこでも使える」ということがお分かりいただけたはず。

あなたなら、どこに間接照明を施しますか?

関連まめ知識

照明の種類によってイメージを変える方法 2016年10月07日投稿 インテリアコーディネイト 照明の種類によってイメージを変える方法
リビング照明の選び方 2017年04月12日投稿 インテリアコーディネイト リビング照明の選び方

関連Q&A

2014年05月31日投稿 新築 全部一人と話したい (回答数1)
2014年07月19日投稿 リフォーム・増改築 コンセント (回答数3)
ライター/writer midori