佇む姿が美しい!螺旋階段のある個性的なリビング

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
個性的な螺旋階段はリビングを楽しくします。螺旋階段は住まいに合わせ、オリジナルで作られることも多いため、色合いだけでなく、手すり部分や踏面の形状などにさまざまなものがあります。コンパクトという機能的な部分以上に、お部屋のアクセントとしても効果的。そのため、狭小住宅に限らずそのデザイン性から、広いリビングでも採用されることもあります。今回は螺旋階段があることでより個性的となったリビングをご紹介いたします。

螺旋階段のある上下が逆転したような空間

ガレージ横の玄関を上がった2階にある、白を基調としたリビングです。シンプルなデザインながら螺旋階段が強い存在感を示しています。玄関から上がるための直階段と螺旋階段では同じ階段でも印象の違いは歴然ですね。
フローリングの床に見える天井と、天井のように見えるシンプルな床で構成された空間は、まるで上下が逆になったように感じられます。天井に埋め込まれたダウンライトが小さく、床のような雰囲気をさらに演出しています。螺旋階段を回りながら上り下りする間、不思議な感覚になりそうです。

黒の螺旋階段がリビングのアクセントに

南面に大きな窓のある、吹き抜けになった明るく開放的なリビングです。ナチュラル色のヘリンボーンの床がおしゃれです。黒く塗られた窓枠や螺旋階段などが、白く爽やかな空間のアクセントになっています。螺旋階段の芯柱と暖炉の煙突、リビングを支える円柱の形状がシンクロしていて、見ているだけで楽しくなります。
夕刻には、室内の明かりの中に佇む螺旋階段のシルエットが美しく、室内だけでなく外からもその存在を感じることができます。

くり抜かれた穴から伸びる螺旋階段

がっちりとした印象の鉄骨3階建の住まいです。強さと安心感を感じるその印象は、構造と螺旋階段が一体化しているように見えるからかもしれません。リビング床にくり抜かれた穴から伸びる螺旋階段は、個性的なデザインながら部屋の端に設置され控えめな存在感です。天井や壁と同様に、白色で仕上げられた螺旋階段の踏面は、トップライトの光が階下に差し込むよう、パンチングメタルになっています。
アウトドアリビング的なバルコニーは、愛犬が走り回れるスペースとしても活用されています。狭小住宅とは思えない広さを感じるリビングです。

螺旋階段のある広く落ち着く空間

中庭に面する広く開放的なリビングに、青い螺旋階段が印象的です。階段の踏面の色はフローリングと統一感があり、落ちついた感じで部屋に溶け込んでいます。螺旋階段は形状が個性的なので、そこにあるだけで空間のアクセントになりますね。
お部屋の中央にありながら、ソファーに座っていても圧迫感を感じない位置に設置されています。ドアや間仕切りとの位置関係も絶妙で動線的にも最適な位置にあるように感じます。螺旋階段がコンクリート打ちっ放しのモダンな住まいをよりおしゃれにしていますね。

アンティークな空間に存在感のある階段

踊り場部分がR形状になった、一部が螺旋状の階段です。ラスティックな風合いの床材や石材で仕上げられた壁、使い込まれたような質感の収納棚など、個性の強い素材が高いバランスで成立している空間です。
その中でも一際個性的なのがこの階段です。形状もさることながら黒く塗られた色合いと踏面の深い木の風合いが美しいです。この階段の存在感とデザイン性が他の素材を落ち着かせ、部屋全体を整えているように感じます。
螺旋階段のメリットを生かせば、限られたスペースにデザイン良く階段を設置することができます。逆にデメリットととしては、内側の踏面が狭くなるので上り下りに少し注意が必要なことや、大型家具の搬入が難しいことなどがあります。
今回ご紹介した事例は、それらのデメリットを踏まえても採用したくなる個性的でデザイン性の高い螺旋階段ばかりだと感じます。デザイン性と省スペース性の高い螺旋階段は、階段のバリエーションとして候補に入れておきたいですね。

関連まめ知識

階段 2013年09月20日投稿 階段

関連Q&A

2015年08月25日投稿 新築 手すりについて (回答数1)
ライター/writer hotagos