【物置だけではもったいない!ロフトの魅せ方・活用術まとめ】

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
【ロフト】って、聞こえもパッと見もかなりおしゃれ。でも、なかなか上手に使うのが簡単ではなさそうという声もちらほら。最初はどんな風にロフトをおしゃれにしようとウキウキしていたのも束の間、気づけば完全なる物置と化していた、なんていうことも。

もちろん、物置としてかなり優秀な事は周知の事実。生活をしていると、家族の思い出と共に増えていく、物の存在。そんな時、ロフトの存在はとてもありがたいものです。

だけどやっぱり、物置としてだけではもったいない!というわけで今回は、ロフトを上手に魅せたり、活用したりしているお宅をご紹介します。
さぁ、ロフトの新しい可能性を一緒に見ていきましょう。

ロフト付きリビングという発想

広いリビングの上部に、ロフトを付けるという発想。ありそうで、なかなかなかったのではないでしょうか。
ロフトにいても、下には家族の温かい気配が感じることが出来ます。ロフトで趣味に熱中しながらも、必要な時は下にいる家族と会話なんかも出来ちゃうって、なんだかとても、得した気分。

ロフトが和室に!?

ロフトを和室にするという閃き。そして、その閃きが現実となったことに、感動を覚えました。ロフトが和室、ロフトが和室・・・・・・。なんて最高の閃きなのでしょうか。
膝が辛くないよう、掘りごたつ式になっている所もさすがです。

閃きと希望さえあれば、どんなものだって現実に出来る。そんな、人間のすごさを見た気がしました。

大人の秘密基地

天井の勾配と、暖色の照明がいい雰囲気を醸し出しています。
床そのままでも良いけれど、ごろんと横にもなれるように敷いたラグマットがおしゃれ。床の茶色とラグマットの白色のコントラストが絶妙です。ロフトには珍しく、大きな窓があるので閉塞感も全くありません。

ロフトスペースを利用した大人のリビング。大人だけの秘密基地が、見事に完成しました。

子供部屋としても機能的

大人からすると少し狭いこの空間も、子供たちにとっては充分広く遊べる空間。
ロフトの下はキッチンになっているので、料理をしているお母様からも目が届きやすいという点でも安心です。

北欧風の壁紙はお母様がチョイス。壁紙を貼ることで、子供たちだけの空間!という特別感がアップしています。

書庫という活用法

本をたくさん読む方も、そうでない方も。こんな空間がロフトに広がっていたら、思わず階段を上がってしまいそう。

縦に伸びる空間を利用して、壁際は本棚に。こんなにスペースがあれば、しばらくは本の保管場所には困らなそうです。
写真右手には、ゆっくりとくつろぐことの出来るスペースも完備されています。自由に横にもなれるなんて、なんて最高の場所!

ここで本を読みながら、気づけばウトウトとお昼寝、そして窓からの優しい光で目が覚める・・・・・・そんな光景が目に浮かぶ、魅力溢れるロフトの活用術。
ロフトの魅せ方・活用術、いかがでしたでしょうか?
ロフトを○○な空間にしたい!という願いさえあれば、実現も不可能じゃない!そんな気持ちを後押ししてくれる、素敵なロフトスペースがたくさんありました。
せっかくのロフト、有意義に使うも使わないもあなた次第。どんなロフトにしようかな、なんて考えてみるだけでも、楽しい素敵な時間が送れそうです。

関連まめ知識

子供部屋は最小限のスペースで 2014年03月17日投稿 住宅設計 子供部屋は最小限のスペースで
スキップフロアや単独壁の活用 2014年05月13日投稿 住宅設計 スキップフロアや単独壁の活用

関連Q&A

2014年06月01日投稿 デザイン・設計手法 大量の本 (回答数1)
2014年06月04日投稿 構造 窓のない部屋へのクーラー設置について (回答数1)
2014年06月08日投稿 デザイン・設計手法 隠し部屋について (回答数3)
ライター/writer midori