家で思い切りアウトドアを!

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅雨も明けて外で過ごすのが心地よい季節がやってきました!(多少暑くても...)

「家でゆっくり過ごすのもいいけど、晴れた日は外で過ごすのも気持ちいいかな♫でも明日は出勤日。遠出せずに外でリフレッシュできる場所ってないかなぁ」そんな風に考えたことがある方、少なくないのでは?
外で心地よい時間を過ごす。
そんな場所が家にあるということが、生活と心にゆとりをもたらすのです。

高さが最高! 空中テラス

都心の狭小住宅にも、空間を上手に使えばこんなに素敵な空中テラスを設けることができるのです。
2階のリビングと繋がる空中アミアミ(エキスパンドメタル)で、BBQや、夏場にはビニールプールで水遊びだってできちゃいます。
浮いているような感じにワクワクもしそう。

優雅にテラスでブランチを

カフェテラスのように設計されたアウトドアリビング。

日差しが強い季節でも、日除けがあるので快適に過ごせますね。実はこの家、写真のテラスの他に加えて、あと2つデッキテラスがあるのだとか!

雰囲気の違う各々のテラスで、思う存分非日常タイムを味わえます。
気分によってテラスを使い分けられるなんて、この上ない幸せです。

あぁ最高の広々芝生

開放感溢れる平屋。家の中心には、走り回れるほどの広さを確保した芝生が広がります。

アウトドア、サーフィンがご趣味のご家族が住むこちらの家には、外にシャワー設備、外でゆっくりと食事ができるウッドデッキを設けています。

自宅でありながら、バケーションを感じる空間。もちろんここまで広ければ、テントを張ってキャンプやグランピングだって可能です。

半屋外という贅沢感

リビングと庭の間に屋根付きのデッキを設けることにより、室内と庭が繋がり室内にいながらも庭が感じられる豊かな空間が生まれます。また、デッキに屋根がかかっているため、雨の日や日差しが強すぎる真夏でも半屋外的なアウトドアリビングとして楽しめます。
自宅にいながらにして楽しむアウトドア。
風を感じながら飲むビールはほんとおいしいですよね。
大人も子供もうれしいリフレッシュスペースをぜひマイホームプランに。

関連まめ知識

【家づくり・コスト検討】建築コストを下げるコツ 2021年07月16日投稿 資金計画・住宅ローン 【家づくり・コスト検討】建築コストを下げるコツ

関連Q&A

2014年06月02日投稿 エクステリア・ガーデニング 庭について (回答数8)
2014年10月01日投稿 デザイン・設計手法 設計だけをお願いすることは可能なのでしょうか? (回答数11)
ライター/writer midori