自分にとって、寝室とはどうあるべきかを考える。~いい人生にはいい寝室を~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
突然ですが、あなたにとって「寝室のあるべき姿」とはどんなものですか? 人によって多少の違いはもちろんあることでしょう。しかし、最終的には「居心地のいい空間」という結末に大体の方が行き着くのではないでしょうか。

一日の始まりと終わりを過ごす大切な場所である寝室。さて、どんな空間があなたにとって「居心地がいい」でしょう?

本日ご紹介するお宅の中に、「あ、こんな感じ真似したいかも……」そんな風に思えるものがありましたら幸いです。

すぐ隣にはシャワールーム

外の眺望に広々した開放感のある寝室。ベッド上部の窓から見えるのは、光り輝くお月様でしょうか。窓や照明の配置にこだわった寝室です。

そして、寝室に直結するシャワールーム。朝起きてシャワーを浴びる人にとって、この距離はかなりうれしいのでは。

起きた後の効率も考えて作られた寝室設計、さすがです。

空間を贅沢に使う

広い空間に佇むオリジナルのオーダーベッド。他の家具やインテリアは排除し、ベッド一つを置くことで「最高の睡眠」をもたらします。

潔い空間デザインは、空間のゆとりと比例して心のゆとりにも繋がります。まさに「快眠にこだわった部屋」。

空間を贅沢に使うことで、毎日の睡眠の質の向上が期待できそうです。

畳に布団。井草の香り。

布団派のあなたへ。こんな寝室はいかがですか?

布団を敷く場所は床から1段高くしてあります。段差を作ることで「ここから先は寝る場所」という二つの空間が出来上がっています。

畳の上に敷かれた布団に入れば、ほのかに香る井草にほっと落ち着く夜のひととき。日中は写真のように、畳の上で寝転がれるというメリットも。

ラグジュアリーな寝室を

高級感溢れるラグジュアリーな寝室です。
白と茶色の落ち着いた色合いに、アクセントカラーのパープルが、高貴な空間へといざないます。

クローゼット収納部分の壁を鏡張りにすることで、実際よりも広く見える視覚効果を狙いました。エアコンは埋め込み式。

「寝室には生活感を持ち込みたくない」という方、色合い・エアコン設置方法・照明デザインetc……是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

花の香りに包まれて

部屋のおよそ90%をベッドにした、2枚目の寝室とはまた違った潔さを感じる寝室です。ベッド自体が大きいからか、部屋の圧迫感・閉塞感は全く感じません。

ロールカーテンを開けて窓を開放すれば、全く違う雰囲気の寝室になることでしょう。日中と夜の差がある寝室は、そのどちらも楽しめる空間です。

シンプルだからこそ、花のチョイスによっても雰囲気は変わります。優雅な目覚めと心地よい睡眠。そのどちらも叶う素敵な寝室です。
人は人生の1/3を睡眠に費やします。毎日心地よい睡眠が出来ている人とそうでない人の、起きている時のパフォーマンスは雲泥の差。

睡眠も含めてあなたの人生です。いい人生にしたいなら、いい寝室から。

あなたがイメージする「心地よい寝室」。今一度、考えてみてはいかがでしょう。

関連まめ知識

お薦めしたい住まいづくりの本 2014年04月23日投稿 住宅設計 お薦めしたい住まいづくりの本
家づくりの自己資金っていくら必要? 2015年01月19日投稿 資金計画・住宅ローン 家づくりの自己資金っていくら必要?

関連Q&A

2016年03月15日投稿 新築 浴室が家の中央、回廊できる家の間取り (回答数7)
2016年08月17日投稿 デザイン・設計手法 家の設計について (回答数6)
ライター/writer midori