和紙と格子のシンプルな美しさ「障子」の魅力

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の中でも歴史が古い建具の一つである障子。
障子とは、縦框と横框の中に組子(細い格子組)を入れて、その上に障子紙を張ったものです。
基本的なデザインは縦3本の組子に、横は障子紙の二つ割りの寸法に合わせて組子を入れるタイプがオーソドックスな形。いわゆる横組障子といわれるものです。
なお横組障子以外にも組子の組み方によって、さまざまな種類の障子があります。
今回は、そんなユニーク溢れる障子を紹介しましょう。

ソフトな陽光が降り注ぐ紙障子天井

井桁に丸太の梁を組み合わせた小屋組みの天井です。天井を天窓にしたことで、光が降り注ぐ明るく快適な空間になりました。
さらに天窓からの光は天井裏で一時的に溜められて、前面の紙障子から柔らかく届くようプランニング。
紙障子は繊細で幾何学的なデザインになっており、自由に曲がり豪快に組まれた小屋組のコントラストも素敵です。
加えて天井には、あえて照明を盛り込まずナチュラルな雰囲気を大切にしています。

障子とフランス製ガラスのおしゃれなコンビ

建具は引き戸で構成されたお宅です。
一見するとミスマッチのように思える、和の障子とフランスの装飾ガラスの組み合わせは、自然かつスタイリッシュにコーディネートされておりナチュラルモダンな印象です。
ポイントとしては、雪見障子のサイズとデザインを、装飾ガラスのサイズやカラーに合わせることで見事にマッチ。
さらに装飾ガラスは単なる間仕切りだけではなく、閉じることでハレの場になるよう考案しました。

モダンな和室のデザイン明かり障子

玄関脇近くにある客間として床の間と南広縁を設けた8畳サイズの和室です。
障子は、広縁へと続く明かりとりとして活用可能。
さらに天井の梁や障子、建具の枠などの黒色は空間全体を引き締めます。
なお2重の組子がデザインされている障子は、和室のアクセントにもなるでしょう。ちなみに、このような2重の組子の障子は吹き寄せ障子と言います。
吹き寄せ障子はデザイン性の良さだけではなく、障子の歪みがでにくいといった利点もあるでしょう。

夜の浜辺を和の雰囲気に落とし込む

この雰囲気のある床の間は、夜の浜辺を意識したものです。
書院窓では、満月と月光を受けた雲をイメージ。床の間の壁は、下弦の月と夜空を表しています。さらに地板のブラックは、砂浜を表現しました。
なお、障子に斜めの組子があるのは波を描写しているためです。
障子もあくまで、和室のデザインのひとつ。
そのため、空間にテーマを持つことはオリジナリティがでるだけではなく、全体的にまとまった印象にもなるでしょう。

コンクリート打放しのスタイリッシュ和室

こちらのお宅は、コンクリートを多彩にとり入れたシックな住宅です。
木などナチュラルな素材を多く取り入れることが多い和室ですが、無機質なコンクリートを採用したことでモダンでスタイリッシュな印象になりました。
あえて無機質な素材と、ナチュラルな素材の異素材同士を組み合わせて個性的な住宅にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
なおシンプルな格子状のデザインである障子は、モダンな雰囲気ともお似合いです。
障子の魅力の一部として、和紙を通して柔らかい光を愉しめることでしょう。
なお、格子の材料として使用されているものは杉やスプルースなどが多く、格式の高い空間ではヒノキが使われていることもあります。
また障子の面白さは、組子の形状によって印象がグッと変化して見えることでしょう。
組子の柄を美しくデザインし、空間全体のアクセントとして活用しても素敵です。
ぜひとも、古来からの建具である障子を見直してくださいね。

関連まめ知識

障子戸 2014年09月05日投稿 住宅設計 障子戸

関連Q&A

2014年05月30日投稿 デザイン・設計手法 障子について (回答数1)
ライター/writer megumi,taki