キッチンカウンターで暮らしを豊かに。素材とデザインにこだわる

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
オープンタイプのキッチンが人気の昨今、カウンターの使い方や仕様が多彩になってきました。今回は、キッチンカウンターにこだわった住まいの事例をご紹介します。使い勝手の良さを高めたり、家族の距離がぐっと縮まったり、キッチンカウンターを上手に使うことでより快適な暮らしが見えてきます。

経年変化を楽しむ木製のキッチンカウンター

広々とした作業台としても活躍するキッチンカウンター。温かみのある木製の天板は、使い込むほどに風合いを増し経年変化を楽しめることも魅力です。

横長のデザインが主流のキッチンカウンターですが、こちらのお宅のように奥行きをたっぷりとることで、大人数での調理も対面式でできるため便利です。家族で料理をしたいご家庭にもぴったりですよ。

郊外住宅地でナチュラルに暮らす家

キッチンカウンターは、「高さ」にこだわることも使いやすさに繋がるポイントです。こちらのお宅は、使用する人に合わせて設計されているため、調理や片付けもらくらく。調理したものをさっと出せる奥行きのあるデザインにも注目したいところです。

また、こちらのお宅ではキッチンカウンターをダイニングテーブルとしても活用しています。通常、調理するのに便利な高さに設計されているため、ハイスツールを取り入れるのがおすすめ。昇降タイプなら、背の高さにかかわらず快適に使えます。

開放キッチン

ステンレスのキッチンカウンターでエッジの効いた空間を生み出しています。開放感とクールな雰囲気でダイニングバーのように生活感をおさえたキッチンに仕上がっています。

スタイリッシュな雰囲気はありながらも、随所に木製の扉などを取り入れているため温かみも感じる空間に。ステンレスタイプは、水や熱、錆に強いというメリットも。汚れも付きにくくお手入れのしやすさも人気の秘密です。

カウンターバーのある家

湾曲したカウンターが印象的なキッチン。自宅に自分だけのバーカウンターが欲しいと思っている方にはたまらないのではないでしょうか。こちらのお宅は、お酒が好きなご夫婦がお店の雰囲気を実際に見て、設計の落とし込んだのだとか。カウンター上部のオープン棚にもお気に入りのお酒を並べて雰囲気を高めています。

作業台としてだけでなく、生活をより楽しくしてくれる非日常的なスペースとして活用するアイデアも注目したいところです。
キッチンカウンターは、使用する素材やデザインなどでイメージががらりと変わります。調理する人が使いやすいことはもちろん、季節のディスプレイを楽しんだり、バーカウンターとして使用したり、多彩な使い方が可能です。対面式のため、調理する人が孤立しないのも良いところ。家族の距離をぐっと縮めるのではないでしょうか。これからリノベーションをお考えの方は、ぜひキッチンカウンターにもこだわってみてください。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer naomi