吹き抜けのある家

吹き抜けとは、下階の天井・上階の床を設けずに、
上下に連続させた空間のことを指します。
開放感の高い吹き抜けのある家は、人気の高い建築構造の一つです。
玄関や階段、リビングに設けられることが多く、
その際天井には空気を循環させて温度を均一化させる、
シーリングファンを設置する場合がほとんどです。
冷暖房効率がやや落ちるという点はありますが、
吹き抜けのメリットはなんと言ってもその開放感。
吹き抜けの構造に合わせ、窓から風や太陽光がたくさん入り込むように
設計する家が多いのが特徴です。
天気の良い、風が心地よく吹く日の昼間など、
吹き抜けのある家は最高の光景と気持ちの良さを、届けてくれます。
また、視覚的に空間を広く演出できることもメリットの一つです。

吹き抜けのある家に関するfev’sまとめ

制約があってもあきらめない、狭小住宅は可能性無限大

2017/06/05 up date!
昭和の時代、外国の人から見た日本の住宅はとても小さくて「うさぎ小屋」という表現をされていました。さらに当時プライベート重視の考えへと移行していたものですから、小さい建坪の家をさらに小さく区切って6畳の...
続きはこちら
狭小住宅・仕切り・吹き抜け・ロフト・バルコニー

広く見せるコツは段差!高低差を活用した住まい

2017/06/06 up date!
「段差」を上手く利用することで、住まいを有効活用している人たちがいます。 アイデア次第で限られた面積しか無い場合でも、広々と見える住宅をつくることは可能です。 たとえば、階段の踊り場を上手く工夫したり...
続きはこちら
階段・吹き抜けのある家・スキップフロアー・趣味・遊び心

日差しも風も手に入れる!開放感あふれる吹き抜けの魅力

2017/05/01 up date!
天井が高く、開放感を味わえると人気の吹き抜け。広さを感じさせるには平面のスペースをとることはもちろん重要ですが、実は高さも大切。吹き抜けで縦のスケール感を出せば、部屋をより広々と見せることができます。...
続きはこちら
吹き抜けのある家

風通しのよい家でジメジメ時期も快適に過ごそう!

2017/05/28 up date!
日本の夏は高温多湿。梅雨時のジメジメした気候も入れると、1年のうち4カ月ほどは湿度が高い状態が続きます。家の中の空気がよどんだ場所にはカビだって発生します。 見た目だけでなく体にも悪いカビを防ぐのが、...
続きはこちら
パッシブ・自然素材の家・吹き抜けのある家・吹抜け・太陽光・節電・パッシブエネルギー

プランニングの妙。回遊動線を取り入れた過ごしやすい住まい。

2017/06/16 up date!
生活のしやすさに大きく関係するのが生活動線。住まいの動線の良さはデザインや素材選びと同様に家を設計する上での大切な要素です。その中でも回遊できる動線は、一方方向からの出入りだけでなく通り抜けたり、ぐる...
続きはこちら
回遊・吹き抜け・キッチンカウンター・キッチン収納・アイランドキッチン・ウッドデッキ

吹き抜けのある家に関連する住宅写真

高窓から光が差し込む家

暮らし方


高窓から光が差し込む家

  • 34
  • 0
家族の気配を伝える渡り廊下

暮らし方


家族の気配を伝える渡り廊下

  • 46
  • 0
2階中央部の吹き抜け

暮らし方


2階中央部の吹き抜け

  • 76
  • 0
2階中央部の吹き抜け

暮らし方


2階中央部の吹き抜け

  • 71
  • 0
2階よりリビングを望む

暮らし方


2階よりリビングを望む

  • 69
  • 0