吹き抜けのある家

吹き抜けとは、下階の天井・上階の床を設けずに、
上下に連続させた空間のことを指します。
開放感の高い吹き抜けのある家は、人気の高い建築構造の一つです。
玄関や階段、リビングに設けられることが多く、
その際天井には空気を循環させて温度を均一化させる、
シーリングファンを設置する場合がほとんどです。
冷暖房効率がやや落ちるという点はありますが、
吹き抜けのメリットはなんと言ってもその開放感。
吹き抜けの構造に合わせ、窓から風や太陽光がたくさん入り込むように
設計する家が多いのが特徴です。
天気の良い、風が心地よく吹く日の昼間など、
吹き抜けのある家は最高の光景と気持ちの良さを、届けてくれます。
また、視覚的に空間を広く演出できることもメリットの一つです。

吹き抜けのある家に関するfev’sまとめ

建物面積<開放感=ハッピー!家作りを成功に導く吹き抜けの方程式

2017/07/03 up date!
迫力の大空間リビングに豊富な部屋数、贅沢なインナーガレージ等々…。ゆとりある住まいは誰しも憧れますが、資金面やライフスタイルといった条件を織り込んでいくと、それほど広い家を持てるケースはそう多くありま...
続きはこちら
吹き抜け・開放感・大開口

制約があってもあきらめない、狭小住宅は可能性無限大

2017/06/05 up date!
昭和の時代、外国の人から見た日本の住宅はとても小さくて「うさぎ小屋」という表現をされていました。さらに当時プライベート重視の考えへと移行していたものですから、小さい建坪の家をさらに小さく区切って6畳の...
続きはこちら
狭小住宅・仕切り・吹き抜け・ロフト・バルコニー

広く見せるコツは段差!高低差を活用した住まい

2017/06/06 up date!
「段差」を上手く利用することで、住まいを有効活用している人たちがいます。 アイデア次第で限られた面積しか無い場合でも、広々と見える住宅をつくることは可能です。 たとえば、階段の踊り場を上手く工夫したり...
続きはこちら
階段・吹き抜けのある家・スキップフロアー・趣味・遊び心

日差しも風も手に入れる!開放感あふれる吹き抜けの魅力

2017/05/01 up date!
天井が高く、開放感を味わえると人気の吹き抜け。広さを感じさせるには平面のスペースをとることはもちろん重要ですが、実は高さも大切。吹き抜けで縦のスケール感を出せば、部屋をより広々と見せることができます。...
続きはこちら
吹き抜けのある家

建築家が提案する、空間を広く見せる6つのテクニック

2017/06/26 up date!
限られたスペースに必要な部屋を分割して配置していくと、どうしても一つ一つのスペースが狭く感じることはないでしょうか。また出来上がった空間に買って来た家具を置くと、どんどん狭く感じられることはないでしょ...
続きはこちら
リビング収納・玄関収納・キッチン収納・収納・リビング・吹き抜けのある家・階段・吹き抜け

吹き抜けのある家に関連する住宅写真

薪ストーブの炎が揺れるリビング

暮らし方


薪ストーブの炎が揺れるリビング

  • 31
  • 0
薄日の差し込むロールスクリーン

暮らし方


薄日の差し込むロールスクリーン

  • 16
  • 0
縦と横をつなぐ家

暮らし方


縦と横をつなぐ家

  • 8
  • 0
高窓から光が差し込む家

暮らし方


高窓から光が差し込む家

  • 69
  • 0
家族の気配を伝える渡り廊下

暮らし方


家族の気配を伝える渡り廊下

  • 84
  • 0