house-UT

詳細を見る

house-UT

住宅

house-UT

house-UT

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

薄く深い軒は機能的な“日射遮蔽”の役割と深く出す事により生まれる軒下空間利用の役割があります。また意匠的には深く出すことで構造上重厚な形状になり上品な印象を欠くことを避けるため、細部に拘り薄く、薄く作ることで洗練された印象を与えるような外観デザインとしました。内部空間は断熱性能を上げる事で良点の増す大きな吹抜けを設ける事で家族の存在を感じられる、温熱的にも均一化された居住空間となる計画としました。太陽の陽が入り風の抜ける畳の上での寛ぎは最高の至福の一時。意匠的、機能的、温熱的にバランスを考えた心地よい住まいです。

薄い屋根・深い軒・黒い外観・杉板外壁・低い佇まい・木製玄関ドア・畳リビング・堀炬燵・吹抜・薄い出窓・自然素材・杉板・ケイソウ土・断熱性能・パッシブデザイン

住宅詳細

現場所在地 宇都宮市
構造 木造
階数 2階

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

house-UT

建築家

佐藤大介/創右衛門一級建築士事務所

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    62 32
  • 平屋のように見える2階建て
    45 5
  • シンプルモダンSE木造ガレージハウス
    38 36

家の顔とも言える玄関。長く住み続ける家だからこそ、毎日帰宅して扉を開けた時の印象は大切にしたいですよね。また、ゲストから最初に見られるのも玄関です。家に一歩足を踏み入れた瞬間に好印象を持たれるような、...

3000玄関・玄関ホール・テラコッタタイル・吹抜け

段々と肌寒くなり、暗くなるのも早くなってくる秋口。そんな秋を楽しむのはやっぱり半屋外。秋晴れで天気がいい日には窓を開放して、思い切り外に出て楽しむのも庭を持つ、一戸建ての醍醐味。でも雨が降ったら、家の...

5160バルコニー・中庭・ウッドデッキ・半屋外・縁側