鴻巣の曲り家

詳細を見る

鴻巣の曲り家

躙り口のような雰囲気を持つ和室

詳細を見る

躙り口のような雰囲気を持つ和室

風通しができる制作雨戸

詳細を見る

風通しができる制作雨戸

開放的な浴室

詳細を見る

開放的な浴室

広々としたトイレと消臭効果のある壁

詳細を見る

広々としたトイレと消臭効果のある壁

将来間仕切れる子供室

詳細を見る

将来間仕切れる子供室

ウッドデッキとリビング

詳細を見る

ウッドデッキとリビング

薪ストーブと和室

詳細を見る

薪ストーブと和室

奥様こだわりのアイランドキッチン

詳細を見る

奥様こだわりのアイランドキッチン

大開口窓が田園風景を室内に取り込みます。

詳細を見る

大開口窓が田園風景を室内に取り込みます。

吹抜けと自然素材

詳細を見る

吹抜けと自然素材

赤城おろしを遮る北側ファサード

詳細を見る

赤城おろしを遮る北側ファサード

住宅

鴻巣の曲り家

鴻巣の曲り家

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご夫婦とまだ小さなお嬢さん二人の四人家族の住宅です。
“いえは夏をむねとすべし”兼好法師の徒然草の一説です。
一言で言うなら“家は夏過ごしやすく造るべき”と解釈できます。
今回の建主はエアコンが苦手なご家族です。そのためできる限り自然の力で室内の空気を循環するよう計画しました。
南側の深い庇は直射日光を遮ります。大きく開いた窓からはフレッシュな風が舞い込み淀んだ空気は吹抜けのハイサイドサッシから抜ける仕組みです。また、内部のドアは引込型とし開け放てば空気の循環をより促します。夜間は通風雨戸を閉めることで防犯を確立しながら夜間の心地良い風が寝ているお子さんの頬を撫でていきます。
また、長閑な田園地帯において、自然を享受しながら適度なプライバシーを確保するうえで伝統的な日本家屋にある“曲り家”の形態を採用しました。

住宅詳細

現場所在地 鴻巣市
構造 木造
階数 平屋
工務店 タカサン建築
家族構成 夫婦+娘二人
敷地面積 495.30㎡
延床面積 103.93㎡
建築費用 2300万
建築費坪単価 73.17万
設計料 230万

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

鴻巣の曲り家

建築家

中山秀樹/株式会社 中山秀樹建築デザイン事務所

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • インテリアと吹き抜けが魅力 光あふれるナチュラルな家
    107 0
  • 高浜の家
    79 22
  • 平屋のように見える2階建て
    65 5

子供の成長段階によって求められるものが大きく変わる子供部屋。小学校に入るころに子供部屋を与えるという家庭も多いようですが、低年齢から大人に近い年齢まで使う部屋は、何を基準としたらよいのか難しいものです...

1310子供・子供部屋

開放感のある家は広々として気持ちよいもの。ただ、「開放感がある=広い」というわけではありません。実際の面積以上に広く見せるポイントというものも存在します。大開口で外の景色を取り込んだり、バルコニーやイ...

4630バルコニー・リビング・吹き抜けのある家・大開口