東近江の家

詳細を見る

東近江の家

住宅

東近江の家

東近江の家

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

都会でマンション暮らしをされてきたご夫婦が「終の棲家」として計画された平屋住宅です。
クライアントの「田舎でゆっくりと四季折々を感じながら暮らしたい。」という要望を受け、本計画では敢えて建物自体を主役とせず、「空間」として季節の変化や時間の変化を楽しめる、この土地で季節の変化に一番適した建物を考えました。
敷地に大きな余白を創り出しクライアントが生活しながら少しずつ樹木を植えたり家庭菜園を楽しんだりできるよう、建物自体は平屋の軒の深いどっしりとした計画としました。そして北面の道路側は目隠しの格子と土間空間で、また南面の庭側には開かれた縁側空間とハイサイドライトで外部と緩やかに繋がる中間領域を生み出し、季節の変化に応じた豊かな空間を創り出しました。

住宅詳細

現場所在地 東近江市蛇溝町
構造 木造
階数 平屋
家族構成 2人
敷地面積 418.78㎡
延床面積 96.47㎡

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

東近江の家

建築家

久我 義孝/HEARTH ARCHITECTS(ハース建築設計事務所)

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    62 32
  • 平屋のように見える2階建て
    45 5
  • シンプルモダンSE木造ガレージハウス
    38 36

家の顔とも言える玄関。長く住み続ける家だからこそ、毎日帰宅して扉を開けた時の印象は大切にしたいですよね。また、ゲストから最初に見られるのも玄関です。家に一歩足を踏み入れた瞬間に好印象を持たれるような、...

3000玄関・玄関ホール・テラコッタタイル・吹抜け

段々と肌寒くなり、暗くなるのも早くなってくる秋口。そんな秋を楽しむのはやっぱり半屋外。秋晴れで天気がいい日には窓を開放して、思い切り外に出て楽しむのも庭を持つ、一戸建ての醍醐味。でも雨が降ったら、家の...

5160バルコニー・中庭・ウッドデッキ・半屋外・縁側