木とスチールで出来る!ハンサムなLDK

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
家の内装には様々な素材が使われます。床、壁、天井、それぞれの場所に、木材、紙、スチール、陶器、石など、本当にたくさんありすぎて、迷ってしまいます。今回は、木とスチールという組み合わせで限定して、事例をご紹介します。あっという間にハンサム空間が出来上がっていますので、ぜひご覧ください。

スタイリッシュなスチール二色づかい!

ダークな赤系のフローリングに、スチールが、シルバーと黒、キッチンや、ソファもシルバー系で統一され、とてもスタイリッシュな空間に仕上がっています。壁と天井が白で統一されているので、スチールが際立って見えますね。

眺めも最高!内部も最高!なハンサムさ!

スチールの部分は、階段手摺と照明器具の一部という、控えめな使用範囲ですが、しっかりと空間のアクセントとして効いています。落ち着いた雰囲気を壊さないように、でも、ピリッと、ハンサムな隠し味がある、という感じですね。また、このLDKからは素晴らしい眺めも見られるそうで、外も素晴らしい、中も素晴らしい完璧な仕上がりといえそうです。

海外アパートのロフトのようなカッコよさ!

縦に一直線に伸びる広々としたLDKは、こう配屋根が2層分の高さを持つ、まるで海外アパートのロフトのようなカッコよさです。こういう空間にこそ、アイアンのクールなアイテムがピッタリですよね。照明器具、ダイニングチェアなどにもアイアンが使われていて、まさにトータルハンサムコーディネートといったところでしょう。

スチールでデザインされたライトがさりげなく主張

落ち着いた色味の木材を使ったLDK空間。階段の手すりとユニークなデザインのライトがスチールで、空間のアクセントに。こんなデザインのライト、なかなかお目にかかれませんが、オリジナルでしょうか。このデザインの静かな主張で、ハンサムながらも可愛らしさも垣間見えるバランスの良い空間となっていますね。
木とスチールのハンサムLDK、いかがでしたでしょうか。それぞれに個性が光る空間でしたね。同じ、素材を選択したとしても、配置やそれぞれの使用する分量で、雰囲気も変わりますし、住む人の家具の趣味などによってもガラッとイメージが変わるでしょう。ハンサム空間をつくってみたくなったあなた、家具を考えるのも楽しくなりそうですね。

関連まめ知識

家具の統一でお部屋の価値が上がる 2016年11月01日投稿 インテリアコーディネイト 家具の統一でお部屋の価値が上がる

関連Q&A

2017年02月06日投稿 デザイン・設計手法 鉄骨黒皮にクリアー塗装 (回答数0)
ライター/writer amodanca