Cool!キリッと冴えるコンクリートの家。

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
いずれお家を建てたいと思っている方や、既に計画を始めている方が、最初の頃に決めるのが、予算や場所。そのあたりで木造か、RC、混構造など、建物の構造を検討する事があるかと思います。
一戸建て住宅でRCと言うと、ちょっと贅沢な感じがしますが、耐震、耐火、耐熱、遮音、耐久性に優れていると言われています。
そういった性能の魅力だけでなく、コンクリートの表情が好き!という方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんなコンクリート打ち放しが魅力的なお宅をご紹介していきたいと思います。

建物のデザインは自由自在。

RC造の魅力は、なんといっても自由度の高いデザインができる事。
外観や間取りのデザインもお手の物で、柱の無い広いリビングや、ビルやホテルの様な大開口、2階部分がせり出したオーバーハングなどなど、理想の住まいが実現できるでしょう。

コンクリート素材の活かし方。

冷たいモノトーンの印象があまり好みでない、という方もいるかもしれません。でもこんな雰囲気ならいかがでしょう。
白塗りの壁に、コンクリートの片持ち階段がシンプルで爽やかですね。
階段下のデスクもコンクリート!

一発勝負のコンクリートだから、細部へのこだわりが仕上がりを決める。

コンクリートの箱を組み合わせた様な、ダイナミックな外観。
コンクリートパネルの割り付けに浮かび上がる室内空間が、とても美しく映えています。
詳細を見ていくと、モダンにアレンジした和室が紹介されていました。
コンクリート×和室の構成、とても興味深いです。

コンクリ?板?こんな表情もあります。

ただのグレーの壁面ではありません。
こちらは杉板型枠コンクリートの壁です。
本当の板で型枠を作り、コンクリートを流し込んで、表面に木目を作るそうです。
無機質なパネルコンクリートの壁と違って、味があってちょっと優しい雰囲気ですね。

粗っぽい?最近はそんな雰囲気には仕上げません。

トップライトから優しい光が差し込む、6メートルの吹抜けの階段ホール。
こちらのお宅は、打ち放しと塗り仕上げを、上手に使い分けて上品な雰囲気に。
建物内部は、ディテールにこだわった繊細でシンプルなデザイン。

ラフでオシャレなコンクリートキッチン。

なんと木造のお家なんですけど、床とキッチンがコンクリート。
キッチンのインテリアコーディネートもさることながら、コンクリートキッチンの重たい感じは無く、なんともいえないラフな存在感が素敵ですね。
ちょっと前までは、無機質でハードな雰囲気がコンクリート造の主流だったように思いますが、最近ではシンプルでスタイリッシュに仕上げるケースも多くなって来ているようですね。
いろいろとRC住宅の夢は広がりますが、なんと言っても安心安全、そしてかっこいい!あとは予算と相談だ!

関連まめ知識

鉄筋コンクリート造 2013年11月28日投稿 住宅の構造・工法 鉄筋コンクリート造
音楽用スタジオの考え方 2014年10月07日投稿 住宅設計 音楽用スタジオの考え方

関連Q&A

2014年06月01日投稿 構造 耐震に優れている家の構造 (回答数2)
ライター/writer カチャルサ