何を優先させる?理想を実現するキッチン

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日々の食生活を支えるキッチン。動線の良い使いやすいキッチンは、それだけでも料理がしやすく片付けやすいため満足できるものですよね。でも、どうせなら、使いやすさにプラスしてデザイン性にもすぐれたキッチンにしたいと考えている人は多いのでは?自分なりのこだわりを形にした、素敵なキッチンをご紹介します。

広々としたカウンターが魅力のモダンなキッチン

広々とした木のカウンターが高級感を醸し出す印象的なキッチンです。シンク前面の白いレンガ壁が空間を仕切る役目を果たし、同時にキッチンのポイントにもなっています。
白いキッチンはアンティーク調のハンドルがついた家具調のもの。すっきりとしたデザインがキッチン全体にモダンな印象を与えています。
このようなカウンターキッチンは、調理しながら、あるいは片付けながら家族との団らんの場にもなるのがよいところです。

ミニマムなローコストキッチン

必要最低限のものだけを組み込んだ、ミニマムなキッチン。アイランド型なので両側から作業ができます。
白と黒の市松模様の床がモダンさを強調。真っ白いキッチンは潔ささえ感じます。
こんなミニマムキッチンは収納が大切。後ろの壁面は床から天井まで収納になっており、必要なものはすべてイン。すっきり見せることに成功したスマートなキッチンです。

男前が魅力!カフェのようなキッチン

ステンレスのカウンターと暗い色調のレンガ壁の組み合わせが魅力的。
さりげなく飾られた雑貨類が雰囲気を盛り上げ、まるで居心地の良いカフェにいるようなキッチンです。ダークな色調でまとめた家具や壁に、一段明るい床の色が明るさを添えています。
このようなステンレスのキッチンは、ともすれば業務用キッチンのようになりがちですが、それをおしゃれにまとめています。広いカウンターで作業もしやすそうですね。

家の中心に据えた開放感抜群のキッチン

吹き抜けになっているキッチンは、それだけでも開放感があって気持ち良いもの。キッチンの正面は大開口の掃き出し窓になっており、外の空気を感じながら調理ができます。家庭菜園で収穫した野菜をすぐに調理できるのも魅力です。
脇に追いやられがちなキッチンを、敢えて家の中心に据え主役にする。中心にあるキッチンに自然と人が集まり、家中が笑顔になりそうです。

ステンレスとチークを組み合わせたキッチン

硬質なステンレスカウンターと家具のようなチーク材の扉が印象的なアイランドキッチンです。
キッチンの後側は全面ガラス張り。視線が奥に抜け、広さを感じさせると同時に、背後の緑が開放的な心地よさを感じさせます。
アイランド型のキッチンは、キッチンのスペースを広く取れる場合に向いています。キッチンの周りに人が集まって調理に参加しやすいのも魅力ですね。

目線を合わせるために一段低くしたキッチン

ローテーブルに座った家族と目線を合わせるために、敢えてキッチンを一段低くしています。そうすることで、リビングとキッチン側の高さのギャップがなくなり、自然と会話も生まれます。
洗い物をしながら子供と同じ目線でいられ、家族との距離を近く感じるのも、一段低くなっているキッチンだからこそかもしれません。
家族との時間を大切にしたキッチンです。

洗い物をそのまま収納できるキッチン

アイランド型になったシンクの下は、洗った食器をそのまましまえる、水切りと収納が一体化した機能的な引出しになっています。反対側にも引き出しがあり収納力もたっぷりで、家事を効率よくこなすための工夫がたくさん!ぜひ真似してみたいアイディアです。
白いタイル張りのカウンターは熱い鍋もそのまま置くことができ、水が撥ねてもさっと拭くだけで大丈夫。使いやすくておしゃれです。
毎日使うキッチンだからこそ、本当に気に入ったものを追求してみてはいかがでしょうか。
ただ、家の他の部分を考える時と同様に、デザインだけにとらわれず、どのように暮らしたいのか考えることが一番大切。何を優先させるのか考えることは、自分たちがどう暮らしたいか見つめなおすことなのです。
ぜひ自分と家族にぴったりのキッチンを見つけてみてください。

関連まめ知識

キッチンのつくり方 2013年12月23日投稿 住宅設計 キッチンのつくり方

関連Q&A

ライター/writer okunaga