屋上のある家~屋上で感じる、極上の幸せをあなたへ~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
少しずつ、春めいた陽気に包まれる日が多くなってきました。天気が良く、雲ひとつない日は、自然と気持ちが外へと向かいます。でもがっつり外出する時間はない……という時、屋上に上がって外の空気を吸えたなら。そう、周りを気にすることなくホームウェアやすっぴんのままで、です(笑)あなたと家族だけの特別なプライベート空間。
今日は、屋上のある生活を満喫されているお宅をご紹介します。

屋上緑化でピクニック

屋上スペースの床部分の素材によって、空間の雰囲気はガラリと違ったものに。こちらのお宅は、芝生を作ってナチュラル感の溢れる屋上です。

春や秋には芝生にシートを敷いてピクニック、夏にはビニールプールで水遊び、冬はクリスマスツリーを飾ってイルミネーション……それぞれの季節の楽しみ方が次から次へと湧いてきます。

屋上で過ごした時間は、温かい、大切な思い出となっていくことでしょう。

外へと繋がる屋上テラス

海と山に囲まれた、外との繋がりをポイントに造られた住宅です。テラスまでがリビングのような、中と外の区別をあえてなくした、開け放たれた空間。
天気の良い日はテラスで日光浴やお昼寝という贅沢な使い方も。そして、階段を登れば目の前には披露山が。

自然と共存しながら軽やかに生きていく。そんな生活を可能にした住宅デザインは、きっとそこに住む人の心を豊かにしてくれるはず。

狭小だから、出来ること。

狭小だから、楽しめることがあります。【外にある、小さめの趣味の部屋】という概念で、部屋づくりを開始してみては?

例えばこの空間に、完全防水のソファベッド2つを広さ全部使いきって設置。空気の澄んだ夜には、寝っころがりながら星空観賞。
例えば床に、ござを敷く。蚊取り線香と灯篭を設置。そこで静かに日本酒をたしなむ。

かなり乙な、大人の秘密基地の出来上がりです。

公園ですか?屋上です。

町の一角にあるおしゃれな広場か公園と言われても一切疑いません。その位、設備も楽しみも詰まった屋上スペース!

手前の水道があるスペースには、これからたくさんの花や野菜などを植えるのでしょうか?晴れた日にはハンモックでお昼寝。椅子の置き方次第で8人位は座れるテーブルセット。ブランチはもちろんBBQだって大丈夫。ひょっとしたら、テントを張ってキャンプだって出来ちゃうかも!?
あぁなんて、優雅で素敵な屋上生活。

階段を上がる時。

ユニークな形をした、窓の多さが印象的なこちらのお宅。2階から屋上に上がる階段部分はウッドデッキになっています。3階という高めの屋上、そこからはどこまでも心地よく真っ直ぐに伸びた道路と、澄んだ青空を眺めることが出来ます。

空を近くに感じたい時、一人でゆったり過ごしたい時、この階段をカンカンッと上がる足音が、軽やかに家に響くのでしょう。
ずっと昔、私が小さい頃に住んでいた家には、屋上がありました。スクエア型の屋上。そこからは、夜になると遠くの方に新宿の夜景が見えました。幼い私と2つ年上の姉は、親に内緒でその夜景を、サンダルを片方ずつ履いて、ずーっとずーっとわくわくしながら見ていたものでした。

それが、私と姉の、屋上の思い出。

屋上には、人それぞれの思い出があります。思い出が、自然と作られる場所なのでしょう。大きさはきっと関係ありません。あなたの家族だけの特別な屋上、作ってみては、いかがでしょうか。

関連まめ知識

一人で寛ぐ趣味空間とガレージ 2014年02月17日投稿 住宅設備 一人で寛ぐ趣味空間とガレージ

関連Q&A

2015年01月19日投稿 エコ・温熱環境 屋上緑化・壁面緑化 (回答数6)
2016年11月02日投稿 アフターメンテナンス 外壁や屋根の塗り替え (回答数4)
ライター/writer midori