照明計画をおしゃれに工夫することでホテルみたいな住まいに変身?

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
住まいに欠かせない照明ですが、その照明を工夫すると住まいの中でおしゃれな空間演出をすることが可能です。その演出方法は、器具のデザインだけではなく、照明器具の色温度や照度にまで多岐に渡ります。ここでは、どんな照明計画をするとどのような空間演出をすることが可能なのか、いくつかご紹介します。

アイストップに間接照明

アイストップとは、人の視線を受け止める場所やモノのことを指します。この写真の住まいでは奥まったところに間接照明を効果的にデザインしています。間接照明とは、照明器具そのものを見せずに、壁面・床面・天井面を明るくする手法です。奥は暗いイメージがありますが、この場合明るい壁面を作ることができてアイストップの役割を果たしています。その結果、思わずソファーに惹きつけられて、ソファーへ座りに行きたくなるという効果があります。

横壁からの間接照明

和室には元来床の間といった特別な場所がありましたが、それがなくても特別な場所感を出す方法があります。この写真のように、壁や天井に同じ素材を使っていても、ある壁だけに横から間接照明を当てるだけで、特別な空気感を持たせることができます。モダンな床の間の解釈とでも言いましょうか、小空間においては、天井からの照明を使わないでこのように壁からの光だけでも照度は足りますし、他の部屋との差別化も図りやすいです。この場合注意したいのは、照明器具そのものが見えないように間接照明の位置を工夫することです。

家具から上向きに天井を照らす間接照明

寝室のベッドに寝そべって天井を見上げたときに、照明器具がまぶしいなと感じたことはないでしょうか?写真をよく見ていただくと、天井には全く照明器具が設置されていないことが分かります。家具の上部に照明器具を設置し、器具は見せないようにして天井そのものを明るくしています。このようにすると、天井面を柔らかい光で照らすことができます。照明器具の色温度は電球色くらいの低めが落ち着きますし、照度を変更できる可変タイプの照明器具ですと眠りにつきやすいのでおすすめです。

料理を美味しく見せる照明計画

写真を見ていただくと、ダイニング全体を明るくしているのではなくダイニングテーブルを照らすように照明器具が設置されています。照明器具自体のデザインでおしゃれな空間になっていますが、ダイニングにおいて最も重要なことは照明器具の「演色性」です。演色性とは、自然光に当たったときの色をどの程度再現しているかを示す指標で、演色性が高いほど色鮮やかに見えます。ダイニングテーブルを直接照らす照明器具は演色性の高いものを用いて、料理が一層美味しそうに見える食卓にしてみてはいかがでしょうか。

完璧なパウダールームの照明計画

パウダールームの照明器具をよく観察してみると、天井からのダウンライトのみの場合が多いです。この場合、メイク時に顔に影ができすぎてメイクし難い状態になります。メイクのしやすさを考えると、この写真のように部屋全体を明るくする照明と顔を正面から照らす照明器具が必要です。また、顔を照らす照明器具も、どういう場所に行くのかによって色温度を変更できる照明器具が理想です。そうすることで、薄すぎたり濃すぎたりしないメイクが可能になります。
照明計画を工夫すると、おしゃれな空間を演出することができます。住まいだけではなく、いろいろな建築においても同様に照明計画がなされています。ぜひ、素敵だなと感じられる空間で、どのような照明計画がなされているのか観察してみるのも面白いと思います。どんな住まいにしようかと考えるときには、間取りだけではなくその空間は実際にどのように使うのかを想像して、使い方に応じた照明計画を専門家と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

関連まめ知識

照明の種類によってイメージを変える方法 2016年10月07日投稿 インテリアコーディネイト 照明の種類によってイメージを変える方法

関連Q&A

2014年05月31日投稿 住宅設備 個性的な照明 (回答数1)
ライター/writer 眞田 育