ウィンドウのドレスアップで守るインテリア

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィンドウの演出に使われるブラインド、これが意外にも大事な役割を果たす機能を備えたインテリアアイテムであることをご存知でしょうか。インテリアデザインの一部としての装飾だけでなく、様々なお部屋の抱える問題を解決しながら、トータルデザインのコーディネートを実現するのに大事なアイテム。今日はブラインドのカスタマイズのヒントを用途別にご紹介します。

大きなウィンドウには

大きなウィンドウにおすすめのブラインドのひとつは「バーチカルブラインド」。ブラインド上部にあるレールのメカニズムから考えても、大きいサイズにカスタマイズし易いスタイル。カーテンよりも場所を取らずスッキリ見えるので、モダンなデザインにもなじみます。外からの自然光をいれながら、フローリングが日焼けすることから守ってくれると同時に、プライバシーも保てます。リビングやダイニングルームの大きなウィンドウに。

日差しが強く、暑くなりがちなお部屋には

日差しの入りが強く熱がこもるお部屋には「ハニカムブラインド」が最適。ハニカムの名前は、横から見た時の構造が蜂の巣の形に似ていることに由来します。この蜂の巣状の空洞部分こそが断熱の役割を果たしてくれ、同時に省エネにもなる優れもの。さらに、ウィンドウ上部から自然光を入れながら目線レベルのプライバシーを保つなどの要望に対応できるオプションもあります。リビング、ダイニング、ベッドルームに。

朝日で目覚めることなく睡眠を保つには

眠りが浅い人や、小さな子供がいる人の問題を解決してくれるのが、ブラックアウト(遮光)ブラインド。外から入る自然光を遮断してくれます。この機能はローラー、ハニカム、バーチカルブラインドなど様々なスタイルから選べます。また、ブラックアウト素材を使わずに、お部屋に入る光量を少なくするには、ファブリックの色を白よりダークグレーにするように、濃いめの色を選ぶことです。ベッドルームに。

エレガントにプライバシーを守るには

二種類のファブリックで作られたボーダーラインが特徴の、エレガントなウィンドウ周りの演出に人気なスタイル。自然光を取り入れながら、横型ブラインドのように、スラット部分の傾き加減で光量の調整ができます。また、プライバシーを保ちながら、外の景色を楽しむこともできる、機能性と高デザイン性を兼ね備えたブラインド。リビングルームや客間などに。

水気の多い場所には

バスルームやキッチンなどの水気の多い場所には定番のアルミ製ブラインドがおすすめです。水気がブラインドに飛んでしまったら布で拭き取れるので、お手入れが簡単で、お値段もリーズナブル。スラットを傾けることで、プライバシーと光量の調整が容易なのも嬉しいです。またブラインド上部のメカニズムがスリムなので、小さなウィンドウや奥行きのところにもスッキリ収まります。 バスルーム、キッチン、小さなウィンドウに。
このように、様々な機能を可能にしてくれるブラインドは、お部屋の抱える問題を解決してくれる重要なインテリアアイテム。フローリングや家具の日焼けや、強い日差しの熱、プライバシーや睡眠の確保など、様々な状況から私たちの生活を守り、快適なライフスタイルを送るものにしてくれます。ウィンドウひとつひとつの場所、大きさ、用途を考えて丁寧なアイテム選びをしたいものです。

関連まめ知識

関連Q&A

ライター/writer tomoyo