冬でもグリーンを楽しみたい!室内ガーデニングのすすめ

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
わたしたちの生活に彩りをプラスしてくれる植物は、日々の生活に潤いを与えてくれます。しかし、冬になると寒さから外でのガーデニング作業が難しくなるのも現実です。そんな季節だからこそ、室内にグリーンを取り入れる“インドアガーデニング”がおすすめ。
冬でもグリーンのある生活を楽しみたいという方に、室内でのガーデニングのアイデアをご紹介します。
光の取り入れ方や部屋と植物のサイズ感を考慮すれば、自宅でも簡単に育てることが可能。
これから紹介する自宅の例を参考に、自宅で植物を育ててみてください。

窓辺を利用したグリーンの栽培

窓辺に木材でプランターや花瓶を飾れる棚やスペースを確保して、そこにインテリアのように植物を飾るアイデア。日当たりのよい場所であれば、季節関係なく植物の栽培が楽しめます。
あまり直射日光が当たりすぎる場合は、窓と植物の間にレースのカーテンを導入するなど、光を和らげる方法を考えると、グリーンもベストなコンディションを保つことができます。
植物のサイズ感を考慮しバランスよく飾ることで、インテリアとしての役割を果たしてくれるだけでなく、外からの目隠しとしても機能してくれるため、プライベートな空間の確保にも効果的です。

ガーデニングが趣味の方向けの室内活用法

ガーデニングが趣味の方は、部屋の一部を植物スペースとして確保するのもアイデアのひとつです。ベランダやテラスなど外と室内を行き来する場所にグリーンスペースを設け、さまざまな植物を育ててみるのはいかがでしょうか。
その際に注意したいのが、天井の高さを考慮してあまり育ちすぎないタイプの観葉植物をチョイスすることです。部屋のサイズ感に見合わないものを選んでしまうと空間を圧迫してしまうため、事前にどのくらいの高さまで育つものなのかをチェックするほうがベター。

ロフトにガーデニングスペースを設けて

冬でも暖かい温度をキープできるロフトをガーデニングスペースとして利用するアイデアもあります。
ただし、窓がなくほこりが溜まりやすい空間の場合はあまり適していないため、写真の住宅のような比較的日当たりのよいスペースであるほうがベターです。
日当たりがあまりよくない場合は、日中だけでも窓辺に移動して数時間光を与えたり、こまめに植物に付着したほこりを掃除するなどの手間をかける必要がありますので、時間をかけて世話ができる方向けの室内ガーデニングの方法です。
ロフトで育てる場合は、繊細な植物よりも乾燥に強く耐陰性に優れたタイプの観葉植物をチョイスするのがおすすめです。

キッチンスペースを利用した機能的なガーデニング

毎日必ず使用するキッチン空間を利用したインドアガーデニングなら、料理を作る前にひと手間かけやすく育てやすいです。
日々の食事に利用できるバジルやベビーリーフ、ハーブなどは比較的短期間で育てることが可能なのでインドアガーデニング初心者にも適しています。
室内で気持ちのよいグリーンが楽しめるだけでなく、外で育てる際に心配な害虫の対策も必要ないので、無農薬の自家製野菜が簡単に楽しめるのも魅力的です。
見た目にも気持ち良いだけなく、機能性も併せ持った室内ガーデニングのアイデアです。
インドアガーデニングのアイデア、いかがでしたか?その場所、その空間に適した植物をチョイスして育てれば、自宅でも簡単にグリーンを楽しむことが可能になります。
寒くて心身ともに冷え込むこの季節だからこそ、心を豊かにしてくれるグリーンを我が家に取り入れてみてください。

関連まめ知識

ベランダガーデニングのテクニック 2016年11月16日投稿 インテリアコーディネイト ベランダガーデニングのテクニック

関連Q&A

ライター/writer 栗原