収納上手は生活上手。~今すぐ真似したい収納デザインとテクニック~

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
収納スペースは、あればあるだけ重宝します。
物を溜め込まないようにしていても、暮らしが長くなるにつれ、荷物は多くなっていくものです。

検討すべきは、収納の用途や大きさです。
季節のアイテムや普段使わない物を収納できる空間があることで、部屋を広くスッキリと見せることが可能になります。

本日は、「見せる収納」「こんな部分を収納に?」といった収納アイディア満載のお宅をご紹介致します。

見せる収納には時短効果も

クローゼットはあえて作らず、「見せる収納」にしたタイプの一例です。
空間そのものがかなりおしゃれ。まるでセレクトショップのような洗練された雰囲気が伝わってきます。

服がすぐに見られるというポイントは時短にも繋がります。

使い勝手の良さ・時短効果・インテリア性の高さは「見せる収納」の大きな魅力。

キッチンには沢山の引出しを

お皿にコップ、フライパンにサランラップ、更には調味料や保存食品etc…。
キッチン周りには、こまごまと多種多様なものが多いのはご存知のとおり。
特売していたからと思わず買ったものの、「もうこれ以上入るスペースがない…」なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。
そんなキッチン周りだからこそ、写真のような収納スペースが沢山あればありがたいことこの上なし。
よく使うフライパンややかんは、すぐに取り出せる棚の部分。箸やスプーンなどは上段の引出しに。
置く場所を決めることで、キッチンは常に整理整頓された、スッキリ快適空間になるはずです。

壁は収納になります

本やCDを沢山お持ちの方に共通するお悩みは、「大量の本やCDをどこにしまおうか」という点。
そんな場合には、広い壁を使わない手はありません。
壁面収納なら、下から上まで存分に好きな物を置くことが出来ます。
本の大きさを合わせて収納するのもよし、大きさ関係なく収納しても、絵になるのでそれもまたよし。
写真のように、一部をパソコンコーナーとするのもありかもしれません。

階段があるなら、是非収納スペースに

階段の段差を利用し、引出しを設置。

「階段収納」というテクニックを一番初めに考えた方はアイデア賞を差し上げたい。

季節ものの寝具、リネンやタオルの他「1段目は○○専用、2段目は○○専用」など、家族それぞれの専用収納スペースとして使うことも出来ます。

白で統一された清潔空間

キッチン周り同様、洗面所周りも収納スペースを必要とする場所です。

白で統一された、スッキリとした空間だからこそ、物を置きすぎて雑多な印象になるのは避けたいところ。

沢山作られた収納スペースには、掃除用具や歯ブラシ、洗濯用洗剤の買い置きなどを。

生活感のある物は見えないように収納することで、洗練された空間の維持が可能になっています。
見せる収納・隠す収納・壁面収納・階段収納など、「収納」に関するアイディア・テクニックは日ごとに進化を遂げています。

部屋ごとに収納デザインを変化させることで、用途にあった使い方をすることが出来るはず。

あなたも収納の面白さを是非体感してみてくださいね。

関連まめ知識

家事動線以外に考えるべき動線は 2017年07月27日投稿 住宅設計 家事動線以外に考えるべき動線は

関連Q&A

2014年05月29日投稿 家具 家具選びについて (回答数3)
2016年01月25日投稿 デザイン・設計手法 料理が趣味のご主人のためのカウンターキッチンについて (回答数1)
ライター/writer midori