時短&楽家事に!ライフスタイルから考えるユーティリティ

お気に入りをクリップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日の家事を少しでも楽にしたいなら、洗濯機の場所や洗濯物の干し場所、アイロンをかける場所、クローゼットへの収納まで、動線をよく考えてユーティリティを配置するのが正解です。子どもがいるのかいないのか、洗濯物を外に干すのかなど、家庭によって使いやすい配置は異なります。ぜひ、ライフスタイルに合ったユーティリティの配置を考えましょう。

洗濯してから干すまで1スペースで完了!

白いリネン庫を挟んで、洗面台と洗濯機を配置。室内干しのためのハンバーパイプが設置されているので、洗濯機から取り出した洗濯物をすぐに干すことができます。これなら、洗濯物を持って洗濯干し場まで移動しなくても済みますね。洗濯機の上のスペースはアイロンがけや洗濯物をたたむのに便利なフリースペースになっています。

アイロンがけがおっくうにならない工夫とは?

アイロンをかける場所が決まっていないという家庭は多いよう。準備が面倒だと、アイロンをかけること自体、ついおっくうになりがちです。それを解消してくれる工夫が、あらかじめアイロン台が設置されている設計。サンルームに設置された家事室の壁にアイロン台が組み込まれ、可動式の物干し竿で洗濯物も干すことができます。干してあったシャツにさっとアイロンをかけてしまう。動線が短いと家事のフットワークも軽くなりそうですね。

洗濯機&乾燥機もビルトインですっきり

洗濯機と乾燥機をビルトインにすることで見た目もすっきり。木質の内装で統一感も生まれます。ビルトイン式は、洗濯機上部のスペースを有効利用できるのが大きなメリット。アイロンをかけたり洗濯物を畳んだりといった、最初に作業スペースを考えておかないと意外と困る、ちょっとした作業を行えます。このようなスペースがあることで、家事もスムーズになりストレスフリーに。

玄関の隣がユーティリティ

ガーデニングや家庭菜園が趣味という人にとって、ユーティリティの場所は結構大切。土がついた衣類で家の中に上がると家の中が汚れてしまいます。かといって、庭先や玄関でいちいち着替えるのも大変です。その点、畑仕事やガーデニングで汚れた衣類をすぐに洗濯することができ、土のついた野菜や道具を洗うことができる空間が玄関に隣接しているととても便利。ライフスタイルによってユーティリティの場所を工夫した例です。

理科の実験流しは上履き洗いにも便利

上履きや運動着などを洗う場所に困ることはありませんか?そんな家庭におすすめなのが、洗濯流しとして利用できる洗面台。理科の実験流しは、底が平らで広々としているため、靴を洗ったりスポーツウェアをバケツにつけ置きしたりするのに便利です。機能性の高いデザインがどことなくスタイリッシュ。白木と組み合わせればナチュラルな雰囲気にもなります。

明るくひろびろした家事室になるサニタリー

こちらは、家事室にもなるサニタリー。フローリングとタイルの床材、低い仕切り、ガラスの扉などで区切り、清潔感溢れる広々とした空間になっています。明るくナチュラルな雰囲気で統一され、家事も気持ちよくこなせそうです。ワイドなカウンターは、洗濯物をたたんだりアイロン掛けをしたりするときにも便利。余裕のある作りが家事をしやすくしてくれます。
毎日繰り返される家事だからこそ、ストレスフリーになるよう考慮しておきたいものです。洗濯物をどこに干すのか、アイロンをかけるのか、リネンや洋服はどこに収納するのか。何を重視するのか、自分のライフスタイルを知ることも大切です。

関連まめ知識

実験流し!は付け置き洗いにぴったりです 2013年12月30日投稿 住宅設備 実験流し!は付け置き洗いにぴったりです

関連Q&A

2015年10月20日投稿 住宅設備 オリジナルの洗面台 (回答数7)
2016年09月07日投稿 住宅設備 壁付水栓について (回答数2)
ライター/writer okunaga