都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

詳細を見る

都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

キッチンからリビング方向を見る

詳細を見る

キッチンからリビング方向を見る

ダークトーンでまとめたキッチン

詳細を見る

ダークトーンでまとめたキッチン

お施主様お手製の家具たち

詳細を見る

お施主様お手製の家具たち

間接照明でおしゃれに演出したリビング

詳細を見る

間接照明でおしゃれに演出したリビング

大迫力のストリップ階段

詳細を見る

大迫力のストリップ階段

玄関ホール

詳細を見る

玄関ホール

住宅

都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

都市型の三階建て狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこの形状だと思います。
土地条件としては 間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)。

西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要もありました。

プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったりと。
各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。

これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

住宅詳細

現場所在地 大阪市
構造 耐震構法 SE構法
階数 2階建て
工務店 株式会社タイコーアーキテクト
家族構成 夫婦+子供2人
敷地面積 59.65㎡(18.04坪)
延床面積 120.19㎡(36.36坪)
建築費用 2500~3000万円
建築費坪単価 約80万円
設計料 自社設計のため無し

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

工務店

株式会社タイコーアーキテクト/株式会社タイコーアーキテクト

この工務店のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 大島の家
    12 0
  • 柔らかな風が通る連格子・モダン和風の家
    11 37
  • シンプルモダンSE木造ガレージハウス
    9 36

寛ぎの場所は、屋内に限ったことではありません。 そう、バルコニーで過ごす時間って、想像以上にQOLが上がるんです。 自宅というテリトリー内にいながら外を満喫できる空間って、控えめに言っても最高すぎ...

940ハンモック・星・月・望遠鏡・バルコニー・露天・半屋外・ルーフバルコニー・おしゃれ・癒し・テラス・屋上テラス

確保できる広さがなかったり、地価が高すぎたりという理由から、ハードルが少し高めの印象がある平屋住宅。 しかし、マイホームはこの先ずっと住む家です。様々な角度から、平屋という選択を考えてみてはいかがで...

13580スキップフロアー・平屋・シンプルモダン・色・作用・ガレージ・開放感