KID’HOUSE:元気あふれる狭小住宅

詳細を見る

KID’HOUSE:元気あふれる狭小住宅

らせん階段見上げる。

詳細を見る

らせん階段見上げる。

階段ホール~キッチン・食堂

詳細を見る

階段ホール~キッチン・食堂

元気あふれるポップなカラーの子供部屋

詳細を見る

元気あふれるポップなカラーの子供部屋

狭小住宅で快適に暮らすコツ:空間の広がり

詳細を見る

狭小住宅で快適に暮らすコツ:空間の広がり

ダイニング上部の吊戸棚・換気扇

詳細を見る

ダイニング上部の吊戸棚・換気扇

バルコニー

詳細を見る

バルコニー

バルコニー

詳細を見る

バルコニー

軽やかならせん階段

詳細を見る

軽やかならせん階段

住宅

KID’HOUSE:元気あふれる狭小住宅

KID’HOUSE:元気あふれる狭小住宅

お気に入りをクリック

このエントリーをはてなブックマークに追加

敷地は、公道に接した袋小路の土地であり小さい子供さんがおられるご家族にとっては交通問題に対し安心な土地であります。
敷地は、一般的に狭小敷地(約15坪)と言われる形状であります。

それ故、外観は、敷地の最大限の有効活用を求め3階建て直方体としております。 建築家ならではこだわりの創作住宅として、モザイクタイルパターン張り・連窓サッシ・アルミパンチング板・透明ガラスの庇をデザイン的に設計することにより、建築物のボリューム感をだすように努めております。

小さい事をメリットに、家族の気配を感じ取りながら、日々の暮らしが楽しくなるおもちゃ箱のようなわくわくできる住まいづくりをテーマに設計しました。光を取り入れ、建物全体を一つの住宅空間としてとらえる事で、回遊性と空間の広がりを持たせました。育ち盛りの子供達のため、生活の楽しさがあふれでるような、デザイン・色彩・明るさをプランニングし、のびのび元気に過ごせる狭小住宅です。

住宅詳細

構造 鉄骨造
階数 3階建て
家族構成 両親・子供2名
敷地面積 54.74㎡(16.6坪)
延床面積 103.33㎡

Q&A教えて建築家

この写真に対して、設計をした建築家に質問ができます。
この住宅の他の写真

KID’HOUSE:元気あふれる狭小住宅

素材

建築家

南 啓史/無二建築設計事務所

この建築家のすべての投稿を見る

お問い合せ 資料請求

人気ランキング

もっと見る
  • 中庭のシンボルツリーを囲む平屋づくりの家
    20 10
  • R-OFFICE
    10 2
  • SE構法で叶えたリビングで愛車を眺めるガレージハウス
    10 5

自宅を仕事場にされている方はもちろん、会社勤めの方でも自宅で仕事をしなければならない時は往々にしてあります。 そんな時、自宅にあったら嬉しいのが“集中できるワークスペース”。もちろん大人だけではなく...

33450ワークスペース・プライバシー・落ち着いた空間・ヒーリング効果・木の壁・木の床・こだわり

なにも意識せずに家具やインテリアを揃えると、角のあるものが増えてしまいがち。 ここはあえて、丸みのある曲線のあるものを意識的に取り入れてみてはいかがでしょう。 家に曲線があることで、自然と気持ちに...

26630インテリア・変形・癒し・壁・丸窓・動線