集合住宅

このページでは集合住宅の写真及び解説を紹介しています。
集合住宅の魅力を最大限お伝え出来るように、建築家の設計した事例のみを厳選して集めています。

条件の絞り込み 価格・エリア・建築家などを絞込んで表示できます。

物件一覧

写真の並び替え 人気順や新着順での並び替えと写真のサイズを変更できます。

暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

外観

  • 52
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

オートロックのついた、エントランスの外観...

  • 562
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

オーナーのリビング

  • 569
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

賃貸併用住宅の室内

  • 485
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

蔵収納

  • 430
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

賃貸居室

  • 419
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

外観

  • 461
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

賃貸水廻り

  • 454
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

賃貸居室

  • 469
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

外観

  • 454
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

エントランス入口の門灯

  • 541
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

エントランス入口の門灯

  • 517
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

駐輪場入口

  • 606
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

ファサード3本柱内に組み込んだ間接照明

  • 531
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

外観3

  • 493
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

外観2

  • 505
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

外観1

  • 610
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

レディーズ・デザイナーズ マンション・K...

  • 580
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

レディーズ・デザイナーズ マンション・K...

  • 478
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

レディーズ・デザイナーズ マンション・K...

  • 759
  • 0
暮らし方
集合住宅・店舗・非住宅

レディーズ・デザイナーズ マンション・K...

  • 613
  • 0
 

集合住宅経営・・・3つの利点


1.固定資産税・・・同じ土地活用でも、更地や駐輪場・駐車場経営などに比べて軽減されます。
2.所得税・相続税・・・ローンで支払い続けることにより軽減できます。
3.毎月、給与所得や年金にプラスして安定した収入が確保できます。


遊ばせているだけの土地にも毎年税金は掛かってきます。 『先祖代々の土地』だからと守り続けていくのは経済的にも精神的にもキツイです。 せっかくの財産を『死財』にしない為の賢明なビジネスだと思います。 そうです! 賃貸住宅経営は立派な『ビジネス』なのです。

集合住宅を経営・・・注意点


オーナーとして新規アパート・マンションを建てる場合、土地の有効活用・資産活用としてお考えになる方が多い様です。 新規で建てなくても、自ら中古マンションを購入し、ターゲットとなる世代向けにリノベーション(再生)し、間取りや設備を変えて賃貸住宅として他人に貸して毎月安定した収入を得る。 そんな方法も昨今主流になりつつあります。

戸建住宅や賃貸マンション、ハウスメーカーなどと契約し新たに建てる単身向けアパートやファミリー向けのマンションなどを賃貸として他人に貸し出す。そうしたオーナービジネスが、書籍やテレビ等でよく取り上げられているのは、資金面や建築のコスト面、その後の経営方法において、比較的ハードルが低いと思う人も多いからだと思います。

修繕費や空室リスク・家賃下落リスクなどをもちろん想定した上での経営だとは思いますが、建てればそれでいい。という考え方では必ず失敗します。

集合住宅経営・・・成功のコツ


賃貸住宅経営に限らず、どんなビジネスにおいても詳細な分析とノウハウ、知識や経験が必要と言えます。 いくら良い商品であっても、ターゲット・ニーズやトレンドに合わないものは受け入れてはもらえません。

●地域性などを的確に捉えた賃貸住宅を建てる●
周辺にはどんな賃貸住宅があるのか? 商業施設・学校・病院・駅からどれ位近い(遠い)のか? どんな層にターゲットを置くのか? などを徹底的にリサーチすることが大切です。 それによって、間取りや広さ・家賃が決まります。 例えば、駅近の立地では単身者向け。 逆に環境が良く、学校等が近いのであればファミリー向けがよいでしょうが、車を使うことが多い便の良くないエリアであれば、駐車場を備えた単身者向けという考え方もあります。 つまり、立地によって、『向き不向きの形態』があると言う事です。 立地を活かしきる活用方法を調べ上げる事が重要なカギとなります。

●信頼できるパートナー企業を見つける●
賃貸住宅建築後、黙っていても入居者が入ってきてくれるのは新築当初だけです。何もしなければ、次第に空室が目立ち始めます。 そんな時の為に、信頼できるパートナー企業を探しておくと良いでしょう。 入居者募集から、入居時・退去時などの日常的な業務を任せられ、豊富な管理知識もあります。 万が一、入居者が居なくなった場合でも、家賃収入を保証してくれる「一括借上げシステム」ができる業者を探す事をお勧め致します。

●奇抜なデザインは避ける●
趣味嗜好は個人差があります。 環境に馴染みやすく、老若男女どんな年代にも受け入れて貰える様なオーソドックスでベーシックなデザインが無難です。

●長く住んでもらう為の付加価値を付ける●
賃貸物件は入居者に長く住んでもらえれば、それだけ安定経営が長期で見込めます。入居者の事情で転居してしまうのは仕方ないのですが、魅力的な良い物件であれば空室が防げるはずです。 そのためには他にはない付加価値を付ける必要があります。 例えば、単身者向けの場合、プライバシーやセキュリティへの配慮。 特に、女性限定の賃貸住宅においては重要なポイントと言えます。 間取りも部屋数よりも一部屋当たりの広さを優先させた造りが受け入れられている傾向にあります。 また、ファミリー向けの賃貸住宅では、隣の部屋や下階の部屋に配慮し、子供の足音や声が響かない床材や壁質などの建材をチョイスしたり、ペットOKなどの物件が人気が高いです。 付加価値を付ける事で、他物件との差別化・経営物件がいかに魅力的であるかをアピールしていく必要があります。

集合住宅経営・・・オーナーとして心得


入居者のニーズは常に変化しています。さらに現在は分譲マンションが家賃と変わらない金額で買えてしまう時代でもあり、インターネットの普及により、入居者は常に自分の求める条件に合う物件探しをしています。

賃貸住宅では、ゴミ置き場や自転車置き場などの共用部をきちんと管理していくことも重要です。 一定周期で外観をメンテナンスしたり、入居者が替わるタイミングで内装や設備を交換したり、建ててからもお金をかけ続ける事が大切です。 決して、建てっぱなしにはしないで下さい。 維持管理は管理会社に任せたとしても、結局はオーナー様自身の責任なのですから。

(文:fevecasa事務局)

集合住宅に関連するカテゴリー

集合住宅・店舗・非住宅店舗等が賃貸住宅の関連カテゴリになります。サイト内で検索する際参考にしてみて下さい。