30年後も笑っていられる理想の住宅の取得の仕方  PART1

370人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

最近、よくお話頂くご相談は、『新築マンションを購入したのですが、暮らしに合わせた変更ができると契約前に聞いていたけれど契約後希望をお伝えしても「それはできません。この中からのみお選び下さい」と販売員から言われ、考えていたイメージと違うんです』と。。。。
新築マンションの場合,暮らしに合わせた変更可能と謳っていても制約は多く、描いていたイメージとは違ってきます。契約時必ずご説明があるのですが、販売業者とお客様との理解の隔たりが大きな原因となっています。
このような新築マンション購入時のトラブルだけでなく、中古マンション、個建て住宅購入、そして土地の取得時にも、とても注意が必要です。
マンション、個建て住宅問わず、住宅の取得をお考えの方は、早めに建築家へご相談ください。
契約後、「困った!」となる前の事前のご相談が、30年後も笑っていられる理想の住宅の取得のポイントです。

次回、資金計画と建設コストの関係です。お楽しみに。
(2013.12.5)
金 富雄・李 勝代/有限会社 デザインオフィス  オポジッション

written by 金 富雄・李 勝代/有限会社 デザインオフィス オポジッション

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ