2階リビングの暑さ対策_2階リビングの暑さの対処は開口部と庇

3人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


 



 



まず、2階リビングを選択する要因として考えられる事は



敷地条件から、お隣が近く、

1階リビングでは開放的なリビングが実現できない。

または、

よりリビングからの眺望を確保したい。

といった事が考えられます。



リビングには大開口があり、その先にはリビングと繋がったウッドデッキ。

そういった光景が想像できます。



この大開口で注意すべきが、

夏の日射対策です。



最もシンプルな方法は

窓上に庇を設ける事です。

太陽高度の高い夏の日射遮蔽には庇が非常に有効です。



また、

窓面を内部へこませて(凹)、

その面に窓を設置すれば

上部の壁が庇代わりとなります。

(プランに大きく影響する為、全体のバランスを考慮する事が必須です。)



そして、2階リビングを開放的な空間とする為に

勾配天井などにする事がありますが、

天井高さが高い場合は

暖気が天井付近に籠るため、

天窓(トップライト)や高窓(ハイサイドライト)などを設け

熱抜きの換気窓を設ける事も重要です。



ただ、

天窓は日射も多く取り込んでしまう為、

設置面をできる限り北側に向ける。(南側には向けない)

日射遮蔽のブランドをオプションで付ける。

ガラスはLOWーEペアガラスとする。

など、工夫が必要です。






また、添付写真3枚目のような

可動式のオーニングと言ったものを設置するのも非常に有効です。

使いたい時だけ、手動、若しくは電動で

出幅を調整でき、

大きなバルコニーであれば、手軽にカフェテラスのような

アウトドア空間が実現できます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木造住宅設計なら

タイラ ヤスヒロ建築設計事務所 まで

T 03-6794-4928

M info@taira-arch.com

U www.taira-arch.com

〒177-0044 東京都練馬区上石神井1-7-23-102


平 泰博/タイラヤスヒロ建築設計事務所

written by 平 泰博/タイラヤスヒロ建築設計事務所

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ