空間を広く見せるポイントは

398人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


家というのは広いのに憧れがありますよね。


しかし狭小住宅の場合などはなかなかそれが難しいため 自分で中身を工夫せねばなりません。


そこで今回はどのようにすれば家の中を広く見せることが できるかについてご紹介いたします。


まず、広く見える部屋の例として、 白を基調とした部屋がございます。


壁・建具・天井を全て白で統一した部屋というのは その広さが実際以上に広く見え、圧迫感を与えません。


また、日当たりの悪い場所であったろしても 白には光を反射する効果があるため、部屋を明るく さわやかに見せることが可能です。


次に部屋を広く見せる家具のレイアウトについて ご紹介いたします。


ポイントとしては「視線の抜け」を作ることです。

部屋に入ったときに視線が奥まで通るということは 人に開放感を与えます。


家具などで部屋を間仕切るときは 「視線の抜け」を遮らないようなものを選びましょう。

低めの家具を選ぶことで部屋全体が見渡せ、 すっきり効果をもたらします。


次に壁の色ですが、 明るい色は部屋を広く見せるとうことはご存知でしょうか。

また壁や天井など部屋の面積を多く取る部分には 淡い色、家具を濃い色にすると

後退色と進出色の影響で、実際よりも広く見せることができます。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ