知っていて損はない配色のテクニック

345人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

3段階の色を意識して、お部屋の配色を決めていきましょう
①ベースカラー
床や壁、天井などの大きな面積を持ち、長い間変更しない部分の色は、色の鮮やかさの度合いが少ない色を選びましょう。特に天井部分は、白に近い色を選ぶと圧迫感が少なくなります。
②アソートカラー
家具やカーテンなど中くらいの面積を持ち、変化をつける役割の部分の色は、ベースカラーとあまり遠くない色で、明るさや鮮やかさが違う色を選びましょう。
③アクセントカラー
雑貨など小さな面積で、模様替えや季節で変更する部分の色は、ベースカラーやアソートカラーの対比する色を使うと、アクセントになり効果的です。

written by

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ