特異な敷地に家を建てる

364人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

建物の計画をする際、敷地条件が特異な場合があります。例えば敷地形状が極端な細長形であったり、いびつな形であったり、狭小敷地や傾斜地の場合もあります。また環境条件的に一般的な計画では採光などがとりにくかったりすることもあります。
そのような場合メーカーなどの規格化住宅では対応しきれなかったり、満足のできる空間にならない事があります。
そういう時こそ設計事務所に相談されるとメリットがあると思います。設計事務所の仕事は計画される場所の特徴や諸条件を十分検討し、最良と思われる解を導き出すことにあります。それによって他にはない個性的で快適な空間ができる可能性を秘めています。
小林仁/株式会社小林仁建築設計室

written by 小林仁/株式会社小林仁建築設計室

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ