床の防音対策、快適な住まいとするには。

3人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


住まいの床では、防音対策が必要です。 特に木造の建物では、上階の人の足音が下階で聞こえたりします。 家族同士なら良いかもしれませんが、 生活時間帯やライフスタイルが異なると音は気になるものです。 特に2世帯住宅であれば、世帯が異なりますからよけいに気になる。 集合住宅では借り手さんが長く借りてくれるかに関わって来ます。 写真はリノベーション工事中の、賃貸集合住宅(空き家活用プロジェクト)。 床の工事中を撮っています。 右側から、構造用合板34mm・石膏ボード21mm・防音シート6mm 下地合板12mmこの上に仕上げ材を貼ります。 更に、階下の天井内には、グラスウールを敷き込み、 防音材だけでも3重に設置しました。 過剰なくらいですが、集合住宅ですから念には念を入れて!

小木野貴光 / 小木野仁美/株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

written by 小木野貴光 / 小木野仁美/株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ