変形地に建つ幸せの景色を描く。『孫が遊びに来てくれる家』

574人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

住宅密集地の変形地。ここに若夫婦が『孫が遊びに来てくれる家』をテーマに二世帯住宅を建てることになった。


独特の土地形状にあわせ「F」の字プラン。


 



外壁は濃い色の左官で仕上げ。自転車置き場の屋根を合わせてデザインした。



黒い外壁が大きなかたまりにならないよう、フォルムを検討した。


 



子供は屋外が好き。なので、この家の中心は庭と家を繋ぐ縁側。 


孫が縁側を走り回り、それを祖父母となった夫妻がダイニングから眺める光景を思いながら設計した。


 



 幸せの景色を描く。それが私達の仕事である。

一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

written by 一級建築士事務所アトリエm/一級建築士事務所アトリエm

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ