土地探しと相談のタイミング

126人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

建築家・設計事務所である私のところに最初に相談に来られる方を土地決定の視点で分類してみると下記のような様々なタイミング。

 

①所有土地での建て替え

②土地購入済の方

③購入土地がほぼ決まっている方

④土地探し中・これから探し始める方

⑤家づくり・購入を迷い中の方

 

ただ、このうち土地が決まっていない④,⑤の分類となると約2割程度。 意外にも少ない割合だと感じてます。

購入土地を決めることは、非常に難しく決断力を要するもの。こんなことを言ってはいけないのかもしれないが、建築家・設計事務所や工務店を決定する以上に難しく重要なことかもしれないと一生活者としては思うところ。 住まい手の広い意味での生活環境を決定する要素となると、やはり土地・地域というものの影響力が大きい。

だからと言って、土地が良ければ、うわものとしての建物は何でも良いということは勿論、無い。 住まいとしての建物が建ってこその土地である。 住まいの形態により実現可能なライフスタイルもある。 大事なのは、そのバランス。限られた予算の中で、バランスを決定するのは、住まい手であるお施主さんの判断となります。 その判断力を養う意味でも、決定前に、建築家・設計事務所や工務店に相談に行くことをお奨めします。土地決定の前に依頼先を決めることは必ずしも必要ないと思いますが、コスト面などを含めた家づくり全体を見通した感覚を養うことは、大事だと思います。土地探しは、瞬発的な決定力も要しますので。

納得の土地探しと共に、バランスよく満足いく家づくりをして欲しいと思います。

written by

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ