住宅における保険の種類

306人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


みなさんは住宅の保険の種類については ご存知ですか?


お金をかけて作り上げた、自分の夢のような 家を、何かあったとき守るために 保険というのはとても大切です。


そこで今回は住宅保険の種類とその内容について ご紹介いたします。


住宅購入時にほとんどの人が加入するのは 火災保険です。

そしてこの火災保険の契約がベースとなって 地震保険や家財保険がございます。


この3つの保険によって安心できる住まいを 作り上げることができます。

家財保険というのは火災保険では補償されない生活用品全般に対して カバーをするものです。

災害によって建物の補償はされても、家財や家電などの損害は対象外となるため とても安心ですね。


そしてこの保険は、災害だけでなく 盗難や水漏れ、偶然によって起きた破損などについても 補償をしてくれます。

また、地震大国日本にとって大切である地震保険というのは

地震による損害だけでなく、地震による津波が原因によって引き起こされた損害や流失、火災の損害についても補償されます。


火災保険のみであるとカバーしきれないところを

家財保険と地震保険が補償してくれます。


ですのでこの3つは必ず必要だと言えるでしょう。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ