住まいの照明計画 ~<光の色>について

571人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

住まいの照明計画 ~<光の色>について

住宅の照明計画も、大切なインテリアの要素です。最近は、「明るさ」だけではなく光の「質」にもこだわった照明計画も多く見受けられようになりました。部屋に間接照明を上手に取り入れた住空間の例もそのひとつです。
さて、照明を考える際のポイントですが、「配光」の他に、「光の色」にも気をつけると良いでしょう。黄色い光と白い光とでは感じる印象がずいぶんと違います。これは心理的な作用が大きく関係しています。一般的に白い光は作業などの行為に適し、黄色い光はくつろぎのシーンなどに適しているといわれます。

最近では、生活のシーンによって<光の色>を調光できるLEDの照明器具も発売されていますので、光の色を替えることがより簡単に出来るようになりました。

<光の色>の感じ方については、照明器具メーカーのショールームなどでも実際に体験できますので、是非足を運んでみてください。
三上紀子/レジオン・コンサバティブ株式会社一級建築士事務所

written by 三上紀子/レジオン・コンサバティブ株式会社一級建築士事務所

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ