ベランダでのペット飼育はトラブルの元!

338人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

ペットのトラブルは、1)鳴き声 2)糞尿 3)抜け毛 4)ゴミ処理 となっています。ベランダではこの問題を誘発するだけでなく、ペットにとって危険な場所でもあります。

ベランダでペットを飼った場合には、犬の場合は鳴き声の問題があります。犬の縄張りは、住居周辺はもちろん散歩コースまでと広い範囲に渡ります。 そのエリアに他者や他の動物が侵入してくると吠えてしまい、その結果、吠え癖がついてしまいます。そうなると近所の人はたまりません。

次に臭いの問題です。糞尿や体臭が風向きによっては周辺にまで及びます。 これは抜け毛についても同様で、アレルギーの方が周囲にいらっしゃいますと病気を誘発してしまうこともあります。

それから、転落事故も増加傾向にあるようです。ネコならば大丈夫と思いがちですが、ペットのネコは野性ではありませんので注意が必要です。

いずれにしても、ベランダでの飼育は近隣はもちろん、ペット自身にとっても避けるべきです。 是非とも、ペットは室内で一緒に暮らしましょう!!!
前田敦/前田敦計画工房

written by 前田敦/前田敦計画工房

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ