風通しの良い『住まい』

167人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

かつて、まだエアコン等の空調機の無い時代は、夏の暑さに対抗するために"風"が必要でした。扇風機やうちわ等は、人工的に"風"を起こす道具ですよね。更に扇風機の無い時代においては、それこそ"自然の風"が唯一の砦です。そのため、昔の『住まい』にはいくつもの"風を通す工夫"がなされていました。

 

まずは『住まい』の"間取り"についてです。昔の"間取り"にはいわゆる"田の字型"のものが多く見られますが、これはこの文字が示す通り4つの四角い部屋が襖等の建具により間仕切られている形状を示しています。

 

このように、いくつかに間仕切られた部屋により構成されている『住まい』はその隔たりを全開放することにより、『住まい』が"一つの大きな部屋"になります。こうすることで奥まって風通しの良くないであろう場所にも、"自然の風"を呼び込むことができました。

 

また外部に面する窓についても工夫がありました。夏の季節風は南から吹いてきます。そこでその方角に大きな開口部を設けたのです。窓そのものにしても、"室内の襖"とまるで同じような手軽さで、はめ込まれていたのでやはり全開放することもできました。少し極端な例ですが、温暖な地方のお寺等には窓や建具の無い、素通しのものが今でも存在します。

 

一方、夏の風の出口については、必然的に北側になります。そのため、冬などの寒い季節に冷気をもたらさないよう、小さな窓を分散して設けました。窓の外側に"木の縦格子"が用いられたのも西日や人目を避けながら、風の出入り口を確保するための手段です。

 

ただ、現代は時代が変わり

・プライバシー確保のため窓を設け難い ・建物の密集化により風を感じ難い ・部屋の独立性重視

といったようなことが、風通しを確保し難くする原因になっています。

 

それと同時に、エアコンや扇風機などの便利な道具のおかげで、例え猛暑日であっても、自然の風に依存すること無く、過ごすことが可能になりました。ですが、外からの"涼しい風"を感じる時は、いつの時代も何とも言い難い"爽快感"を感じたりるものです。また、風通しがあることは『住まい』を湿気から守ることで、長生きさせることにも結びつくのです。

 

そこで、

・人目を避けることが可能な縦格子の転用による大開口部の設置

縦格子

 

 

・『住まい』の中の高低差(吹抜・高窓・天窓・地窓)を利用し風の通り道をつくる

吹抜

 

 

・間仕切り壁上部を開放したり、フルオープンが可能な建具の設置

間仕切戸

 

といったような工夫が、現代の『住まい』の中へ風を通すこための有効な方法となるのです。

 



☆☆ 作者情報 ☆☆

住まいと暮らしをデザインするをコンセプトに、設計監理業務を行っています!

Tagu Design Studio

和み癒しの家づくりをお考えの方はこちらのページをお役立てください!

和モダンの家づくり「スローライフな暮らしを営むために…」

田口秀樹/Tagu Design Studio (株)

written by 田口秀樹/Tagu Design Studio (株)

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ