間取りを考えるうえでチェックすべきポイント

3人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


間取りを考えるうえで、どのようなポイントをチェックすべきなのかご存知でしょうか。


まず1つ目のポイントは、明るさを確保することができるかという点です。

もし南側に大きな窓が取れなくても間接光でOKです。

例えば天窓を作れば、南側に大きな窓を取れなくても室内は明るくなります。


2つ目のポイントは風通し。窓が対角に取れているかをチェックしましょう。

1つの部屋の中に窓が2カ所なくても大丈夫です。

隣の部屋の窓と対角になっていれば、ドアを開け放てば風が良く通ります。


3つ目のポイントは動線です。一日の行動をイメージして抜けのないようにしましょう。

家事動線の他に、来客時の動線、出かける際の動線はスムーズかもチェックしましょう。


4つ目は収納。忘れられがちですが部屋の使い勝手にも関わります。

収納が少なければ、それだけ収納するための家具も必要になりますし、家具が多ければ室内が散らかった印象にもなります。

各部屋に必ず収納場所を作るようにして、使う場所に物をしまえるようにすると使い勝手の良い部屋になります。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ