間取りをかえる

46人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。


 


住宅においては、住む人数が変わることで空間に手を入れ、より、使いやすいように変更をする場合もあります。


家族が増えたり、子供が大きくなることで個室が必要になったりとそれぞれに理由は異なります。

間取りを変える場合、最も簡単にできる方法としては、ある程度空間に余裕のある部屋をドアや壁で区切ることがあげられます。

この場合のポイントとしては、復旧など撤去を考えた上で行う必要があり、できるだけ現状に手を加えずに設けることがリーズナブルな方法となります。


空間の増設に関してはロフトを作ることも1つの方法となりますが、この場合には一般的な天井高さでは既設の天井を解体して行う必要があり、屋根裏を利用する場合においても、床面の補強や内部の仕上が必要になってきます。


新しく住宅を作る場合には、最初から全体をワンルームと考える方法もあり、ここでは、使用目的や人数合わせて間取りを変えることが可能となります。


注意点としては建築基準法に合わせる必要があり、ロフトでは面積や室内高さによっては3階扱いとなることがあり、間仕切りの変更においても、住宅面積によっては排煙や換気、内装などの制限が求められることになります。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ