照明の種類によってイメージを変える方法

45人の方が「このまめ知識が参考になった」と投票しています。

 


みなさんは、部屋のレイアウトを考えるときに 何を一番に考えるでしょうか?


家具選びや配置、壁紙の色などだと思いますが、 照明にはこだわりますか?


実は照明というのは、部屋のイメージを作り上げる大きな要因なのです。

そこで今回は、照明がそんなイメージ を部屋に与えるかについてご紹介いたします。


まずは落ち着いたウッド調の照明について。

この照明にすることで、普通の蛍光灯であればシンプルですっきりした印象、

だけど少し物足りなかったお部屋が ウッド調の照明効果によって、

優しいライトの明るさが部屋を包み込み、部屋の雰囲気がガラッと変わります。


シンプル過ぎる印象だった部屋が 一気にラグジュアリーへと変化するのです。

シンプルな家具の良さが引き出されました。

次に、照明の種類にプラスして考えてみたい、 ライトに巻き付けて装飾をするアイテムについてご紹介いたします。


スチール製の1枚のシートには、きめ細やかなデザインが施されており、

電球の廻りにぐると巻き付ければそれだけでオブジェのようになります。


また、ライトをつけた際にもその模様が部屋に広がり、 とてもおしゃれですよ。

このように照明には、部屋のイメージを変える効果があります。

ぜひこだわってみてはいかがでしょうか。

清野 廣道/(株)ホープス

written by 清野 廣道/(株)ホープス

この建築家の全ての投稿をみる

このまめ知識は参考になりましたか?

は い いいえ